前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシを利用している方の中で多いのは、前立腺肥大の悩みを解決するのが目的の方です。

実際、ドイツではノコギリヤシが医薬品として用いられており、多くの方がその治療薬として活用しています。

 

そこでこのカテゴリーでは、「前立腺肥大とはどんな病気なのか?」ということをご紹介させて頂き、

さらにノコギリヤシについて詳しく知って頂こうと思っています。

 

前立腺肥大の原因とノコギリヤシについて

 

前立腺肥大は、まだはっきりした原因はわかっていないのですが、男性ホルモンが大きく関わってくるとされます。

加齢に伴って男性ホルモンの分泌が減ることで、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れることが、主な原因とされています。

前立腺肥大の原因は、社会的環境や肉体的特徴も関わってくるという説もあり、偏った食生活や、血行不良、頻繁に性行為を行うことなども原因になると言われます。

また、既往症、血液型、食事内容も関わると言われますが、どれもまだはっきりした研究結果は出されていないのが現状のようです。

 

前立腺は膀胱の下に、尿道を取り囲むようにして存在し、ここから分泌される前立腺液は、体外に射精された精液の中の精子を保護すると同時に、エネルギーを補充する働きもあります。

このため、加齢に伴って生殖能力が必要でなくなると、前立腺は萎縮するか肥大するか、どちらかの道を選ぶことになりますが、昭和30年代頃までは、殆どの日本人男性は萎縮の傾向だったのが、食生活の向上や欧米化に伴い、現在は日本人男性の役8割が前立腺肥大になると言われています。

加齢により男性ホルモンが減少するのは避けられないことであり、このため、どうしても高齢になると発症しやすくなるものです。

 

治療には手術のほか、薬物療法などいくつかありますが、できれば手術せず、また副作用のない薬による治療を選びたいものです。

ノコギリヤシは前立腺肥大に対抗すると言われ、自然成分なので副作用がないことから、最近注目が高まっているわけです。

 

前立腺肥大は加齢とともに発症しやすくなると言われますが、どのような症状が出るのでしょうか?

症状を知っておけば、早いうちから改善させることも可能となるでしょう。

 

前立腺肥大の症状を知ることで、早めの対策を!

 

前立腺肥大の症状は、発生部位や要因により患者毎に多少は異なり、結構複雑な症状を呈するものですが、代表的なものとして、排尿後まだ出し足りない感じがする(残尿感)、頻繁に尿意を感じ何度もトイレに行く(頻尿)、就寝後、排尿のために何度もトイレに行く(夜間頻尿)、などがあります。

こうした症状が現れれば、前立腺肥大の疑いがあると考えたほうが良いでしょう。

これ以外の症状としては、いざトイレで排尿しようとしても、尿が出るまでに時間がかかったり、尿の出が悪い、尿が拡散して便器を汚してしまう、尿が濁って汚れた状態になる、尿が殆ど出なくなる、などがあります。

 

ただ、頻尿の場合、前立腺肥大以外に、脳卒中やパーキンソン病などによる中枢神経疾患によるもの、また、膀胱炎や前立腺炎などの感染によるもの、高血圧、心不全、腎機能障害によるものもあります。

これ以外、病気ではなくても、水分の取りすぎによる頻尿もあります。

頻尿となった場合、何がしか疾患がないか、また水分を摂りすぎていないか、などにも注意してみて、思い当たるものがないのなら、前立腺肥大の可能性が高い、ということになるでしょう。

 

一度自分の健康状態を良くチェックしたうえで、前立腺肥大の疑いがあるのなら、早いうちにノコギリヤシを摂取することで、深刻な事態も防げることになるでしょう。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。