気になる費用について

01人間も年を取ってくると、ロボットと同じくあちこちにガタが生じてきます。
免疫機能が徐々に低下していき、ホルモンのバランスも崩れていきます。
特に女性の場合、それを更年期障害と呼び、精神的にも辛い症状をきたしてしまいます。

 

男性の更年期障害とも呼ばれる前立腺肥大は、主に50代以降に頻発し、頻尿や残尿感、尿が切れないなどの排尿障害を引き起こします。
希に30代でも前立腺肥大の症状を発症する場合もあります。

 

その原因は加齢によりホルモンバランスが崩れるからと言われていますが、バランスの悪い食生活やアルコールなどの刺激物、そして運動不足などの生活習慣も影響すると考えられています。

 

多くの人が前立腺肥大の悩みを抱えていますが、初期症状も比較的軽いものが多い為、積極的に治療を受けている人は少ないようです。
治療法としてはホルモン剤、漢方薬、α遮断薬などの投与や、外科的な手術、レーザー治療など様々な選択肢があります。

 

気になる費用ですが、その治療内容によっても幅があるようです。
末期の症状が出るまで、治療をしない人も少なくなく、その場合は前立腺切除術など入院を伴う治療が必要になり、経済的にも大きな出費になってしまいます。

 

年齢を重ねるに連れて発症率が高くなるため、高齢者にとって治療費用は中々頭の痛い悩みになってきます。
しかし放っておくと、自力で排尿もできず、腎臓などの臓器にもダメージを与える結果になってしまいます。

 

費用を抑える方法として、治験と言う選択肢も考えられます。
所謂新薬で治療をすることができ、治療代や薬代などは製薬会社負担になるので、自己負担金はかかりません。
更に治験協力費と呼ばれる負担軽減費も支給されます。

 

なかなか手が出しにくい治療法かもしれませんが、治療費の負担なしで、最新の治療を受けれる為、頭の片隅に治験という選択肢もおいて置くといいでしょう。
また欧米の諸各国で前立腺肥大の医薬品として承認されているノコギリヤシを服用するのもいいでしょう。

 

日本では民間療法の一つですが、医学的なデーターでも成果は認められており、日本ではサプリとして簡単に購入することができます。
経済的に見ても、負担額は病院での診察、治療より随分と安価な為、簡単で続けやすいと言えるでしょう。


変わってきている、前立腺肥大症治療における費用

 

まだ、その前立腺肥大の症状がそこまで重症化しているわけでもなく、また病院にかかるまでもない程度であればノコギリヤシの活用も十分有効なものとなります。

が、これが本格的な治療…アルファ・ブロッカーといった薬の服用や、手術や導尿による治療などをおこなわなければいけなくなった場合では、医師に相談してから続けるようにしなければいけません。

 

そんな前立腺肥大における手術技術は年々向上しており、費用についても進歩がみられるようになってきました。

2005年から日本でも取り入れられ始めた、前立腺肥大症に対するレーザー手術(PVP)が、2011年7月より保険に適応した費用として受け入れられるようになったのです。

それまでは60万円以上の費用となっていたのですから、患者さんにとっては助かる改善です。

 

今回、保険認可されたレーザーは「LBOレーザー」と呼ばれるもので、KTPレーザーを改良したものです。

安全で効果的な手術方法として知られています。

しかも、手術をするのには高いリスクが伴う患者さんなどにも、この手術方法であればできるとされているのです。

今後も、このLBOレーザーのように、前立腺肥大症に対する治療法が、保険診療として認可されるようになるといいですね。

 

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。