前立腺炎との違いとは?

7af60530d543237dde3140023e2d614c_s年齢を重ねてきた中高年に多く見られる病気の一つとして、前立腺肥大が挙げられます。
特に50代以降に頻発し、80代になると殆どの人々が羅患していると言われています。
主な症状は尿が切れる、残尿感が残るなどといった排尿障害や排尿後症状が自覚症状として現れます。
しかしこれらの症状自体、ただの老化現象として囚われがちになる為、症状が重くなってから、病院へと赴く人の割合が非常に多いのです。

 

悪性ではない為、命の危険性はありませんが、排尿行為は毎日のことなので、できるだけ早い治療が望まれます。
一般的に中高年に多く見られる前立腺肥大ですが、30代などの若者にも割合は少ないものの見受けられます。
逆に20代での発症はほぼ確認されていません。

 

30代の若者でも羅患する可能性がある前立腺肥大ですが、しばしば前立腺炎と混同されてしまいます。
前立腺炎は急性と慢性に分かれており、前者は主に細菌感染で前立腺の肥大が見られます。
慢性の前立腺炎は現代病とも言われており、長時間のデスクワークや車や自転車の運転で、前立腺が外部から刺激されることが一因として挙げられます。
その他にもストレスや飲酒などの要素も、前立腺炎を悪化させる要因として知られています。

 

前立腺肥大も前立腺炎も排尿時の違和感や、血尿などが見られることが共通していますが、デリケートな場所の為、病院にも行きにくいという現実もあります。
しかし腎臓にも負担をかけてしまうため、早めの治療が望まれます。
そこでお勧めなのが、ノコギリヤシです。
日本ではまだ医薬品として認められていませんが、諸外国では泌尿器関係の病気の医薬品として承認されている有効成分です。
日本ではドラッグストアーなどでサプリとして購入可能なため、経済的にも続けやすく、実感も十分期待できる優秀なアイテムとして知られています。

 

前立腺肥大や慢性前立腺炎でお悩みの人にとっては、低価格でトラブルを和らげるのを狙える為、試してみる価値はあるでしょう。
医薬品ではないので、即効性はありませんが、処方薬で成果が得られなかった人にもお勧めです。
何よりお財布に優しいので、「ちょっと最近トイレが近いかも。」なんて思っている人には、もってこいの成分と言えるでしょう。

 

前立腺肥大と前立腺炎におすすめの食材

 

前立腺肥大と前立腺炎は似たような言葉から混合してしまいがちですが、その症状などはちょっと異なるものとなっています。

前立腺肥大は加齢によってひどくなりがちで、合併症にならないように注意しなければいけません。

また前立腺炎は、前立腺肥大を発症している人は合併症として発症してしまう事もある症状で、若い人にも発症する可能性もある症状です。

 

前立腺肥大と前立腺炎にはノコギリヤシが有効なのは一緒なのですが、その他の注意したい食品は異なるものとなります。

前立腺肥大には男性ホルモンの代謝に欠かせない亜鉛が必須

亜鉛との結びつきが減るからこそ、前立腺肥大がひどくなっていくともいえるのですから、亜鉛をたっぷりと含む牡蠣や牛もも肉、レバー、ウナギなどを十分に食べるようにしたいもの。

また、水分が多く利尿作用があるといわれている冬瓜やスイカなどを摂取することも良いと言われています。

他にも、カリウムをたっぷりと含むトマトや柿、アボガドもおすすめです。

 

前立腺炎には、炎症を抑えるIPA(イコサペンタエン酸)食品が有効。

亜鉛やカリウムにプラスして、IPA食品であるハマチやキンキ、イワシ、サバといった青魚と呼ばれる魚を積極的に摂取するようにするといいそうです。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。