どのような予防法があるの?

05前立腺肥大は主に中高年の男性に頻発する病気ですが、早い人だと30代で肥大が目立ってくる人もいるようです。
生活スタイルの変化や運動不足などといった、毎日の生活習慣が関係している病気と言われ、もはや加齢による老化現象だけが原因とは言えなくなってきています。

   

悪性の腫瘍ではない為、直接命の危険に晒されることはありませんが、それでも毎日の排尿行為に支障をきたすことは避けられません。
その度合いによっては、レーザー治療や外科的な手術等も必要になってきます。

    

自覚症状も少ないため、発見が遅れることも多いので、いかに毎日の生活の中で予防策を興じるかが大切になってきます。
前立腺肥大の発症のメカニズムは、未だにはっきり分かっていませんが、日々の生活習慣を見直すことで、予防をすることができるのです。

    

予防と言っても、本当に特別なことをする必要などありません。
まずは毎日の食生活を見直し、動物性蛋白質過多にならないようにしましょう。
そして辛いものや、アルコールなどの所謂刺激物を避けることです。
これらは血流を促し、前立腺を充血させる原因になってくるからです。

    

また便秘体質の人も要注意です。
排出されない便は尿道を圧迫し、前立腺肥大の原因を作ってしまいます。
毎日の快便を目指すためにも、野菜など食物繊維が多く含まれている食事を取り入れましょう。

    

仕事中に同じ姿勢で長時間座り続けるのも、前立腺を圧迫する為、ドーナツ型の座布団などを活用しましょう。
そして一番大切になってくることは、トイレを我慢しないことです。
排尿を限界まで我慢する人も見受けられますが、膀胱だけでなく腎臓などの臓器にもダメージを与える恐れがあるからです。

    

このように私達の毎日の生活を健康に過ごし、工夫を加えることで、前立腺肥大を予防できるのです。
「最近ちょっと頻尿気味かも・・・」と心当たりがある人もいるかもしれません。
そんな人にはノコギリヤシのサプリをお勧めします。
ノコギリヤシは前立腺肥大の原因になる酵素5αリダクターゼの分泌を整える為、前立腺肥大のコンディションだけではなく、予防にも成果が期待できます。
欧米では効果の高い医薬品として認められている為、安心して飲むことができます。
ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

 

前立腺肥大は予防策が大事

 

前立腺肥大を予防するには、まずその症状を知っておかないといけません。

ちょっとでも当てはまるような事があれば、疑ってかかるのが前立腺肥大の早期発見につながるのです。

重大な症状になってから初めて気がつくようでは、予防どころか改善も難しくなってしまうのですから…。

 

○初期症状

トイレに行く回数が増え、夜間に尿意を感じて何回も起きる。

これまでと比べて、尿がでるまで時間がかかる。

 

○中期症状

スムーズな排尿が難しく、尿を出した後も残尿感がありスッキリしない。

花粉症の時、または風邪薬を服用した時に一時的に尿ができなくなる。

 

○末期症状

排尿量が極端に減り、尿を出したいのに出すことができない。

無意識に尿漏れや失禁などをしてしまう。

 

こうした症状がみられるようになったら要注意です。

前立腺肥大は、前立腺が肥大して尿道を圧迫してしまうことにより起こる症状です。

この圧迫感が強ければ強いほど、尿道が狭くなって尿がスムーズに排出できなくなってしまうのです。

 

最悪、尿道が完全に閉じてしまう事もあるのですから、そうなると命にも関わる事になります。

前立腺が肥大しすぎないように、早めに予防策をとっておくのが一番。

ノコギリヤシで若い時から予防しておきたいですね。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。