前立腺肥大の原因は?

07夜中に何度もトイレに起きてしまう、途中で尿が途切れてしまう・・・
そんな経験がある方も多いのではないでしょうか。
これらの排尿障害は、主に前立腺肥大が原因となっています。
直腸と恥骨の間に位置する前立腺が、年齢とともに肥大していき尿道が圧迫されて様々な排尿障害を起こす病気です。

    

主に50代以降の中高年に頻発し、70代ではほぼ殆どの人が羅患しているとも言われています。
毎日の排尿行為だけでなく、性機能にも影響を及ぼします。
更には前立腺ガンと共存する場合もある為、酷くなる前に何かしらの治療を開始する必要性があります。

    

前立腺肥大と言っても個人差がかなり広く、治療が必要のないケースから、外科的手術を必要とする場合に分かれます。

生死に関わる悪性の腫瘍ではありませんが、その原因としては加齢現象が挙げられます。
年齢を重ねるにつれて性ホルモンのバランスが崩れ、前立腺が肥大する要因になっていくようです。
今のところ詳しい原因となるメカニズムは、現代の医学でもまだわかっていません。

    

しかし我々日本人の食生活が、前立腺肥大にも関係していると言われています。
日本古来の野菜や魚を中心とした和食から、欧米オーガナイズされた食生活の変貌は、健康を損なうだけでなく、前立腺肥大をも促してしまいます。
また香辛料やコーヒー、アルコールなどの刺激物は、前立腺を充血させる原因にもなってくる為、摂取する際は注意する必要があります。

   

またオフィスワークをしている方は、長時間座り続けて仕事をすることで、前立腺に刺激を与えてしまいます。
いくら年齢が若いと言っても、慢性前立腺炎になる危険もあるので、適度に体を動かすなど仕事をする際も工夫をしていきましょう。

    

このように前立腺肥大には様々な原因が考えられます。
ホルモンバランス以外の問題点は、自身の意思次第で解決することができます。
病気予防と健康維持を意識して、まずは規則正しい食生活を心がけましょう。
また排尿時に違和感を感じた場合、ノコギリヤシのサプリを試してみるといいでしょう。
日本では医薬品として認められていませんが、欧米では前立腺肥大治療の医薬品として承認されており、成果も期待できるでしょう。
それでも実感を得られない場合は、一度泌尿器科を受診してみましょう。

 

前立腺肥大の原因は、生活の中にある?

 

前立腺肥大における治療としては、経過観察、薬物治療、外科的治療の3つとなります。

また、原因を探りそれらを改善していくようにしなければいけません。

原因の解消なく、前立腺肥大の改善はないのです。

 

前立腺肥大の原因は、生活習慣にあることが多いです。

ですから、まずは生活習慣の見直しが大事。

以下の事などはその代表例になります。

 

○前立腺肥大になるとトイレの回数が増えますが、面倒がらずに我慢しないできちんと排尿する

 

○血行不良が原因で前立腺肥大を発症させることもあるので、下半身を中心に冷やさないようにする。

 

○頻尿になると水分摂取を制限してしまいがちですが、それでは逆効果。日中の水分補給はきちんとおこない、就寝前の水分補給を控えるようにします。

 

○便秘は排尿も困難にしますので、食物繊維たっぷりの食事を心がけます

 

○アルコールには利尿作用があると同時に、膀胱に負担をかけて排尿を困難にすることも。禁酒するのが一番です。

 

○運動不足は前立腺肥大の原因となりますので、日常生活に支障が出ない範囲で、適度に運動を取りいれるようにします。特に長時間座りっぱなしの人は注意が必要です。

 

前立腺肥大を改善するには、医師による治療だけでなく、生活習慣の改善も大事です。

上記の事に注意しながら治療をおこなっていきましょう。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。