性機能と前立腺肥大の関連性について

08年齢を重ねるにつれ排尿で悩む男性の割合が多くなってきます。
排尿行為の困難が生じる病気は前立腺肥大と呼ばれ、50代から急激に増加します。
毎日の生理現象であるが故、なかなか尿が切れなかったり、深夜に頻尿が続いたりする場合は、かなり切実な問題にもなっていきます。

 

原因は性ホルモンのバランスが崩れることに起因しているようですが、明確な原因は未だに掴めていません。
日本人の食生活の欧米化や生活習慣との関連性、そして性生活が活発な男性に好発するとも指摘されています。

 

男性にとって、前立腺肥大であろうと無かろうと気になるのが性機能との関連性についてです。
場所が場所なだけに、なかなか専門医にも相談しにくい為、多くの男性から相談の便りを頂きます。

 

結論から言うと前立腺肥大になると、性機能は低下することが分かっています。
前立腺が肥大することで、前立腺液の分泌も抑制されます。
そして射精の際に痛みが走ったり、精液の量や濃度も薄くなります。
希に血液が混ざることもあるようです。

 

更に前立腺肥大はEDを引き起こすトリガーにもなり得るのです。
即ち前立腺肥大は男性の性機能に非常に深く関与しており、迅速で適切な治療が望まれています。
治療としては薬物治療やレーザーなどが主になりますが、症状も人によって違うため、気になる場合はいち早く専門家の診察を受けましょう。

 

男性にとって、性機能は失いたくないものです。
勃起障害や射精障害など様々な性機能障害が考えられますが、まずは自分の症状をきちんと把握し、専門医による適した治療を受けることが、一番大切になってくるでしょう。

 

昨今の医学は非常に発達していますが、外国で承認されている医薬品が、日本では認められていないケースも目立ちます。
欧米では医薬品として認められているノコギリヤシは、各国で前立腺肥大の薬として服用されています。

 

日本では民間治療薬の域を越えていませんが、それでも十分に成果が期待できます。
気軽にドラックストアでも購入できるため、医師の判断を仰ぐ前にノコギリヤシを試してみてはいかがでしょうか?

 

前立腺肥大の発症が性機能にも影響を及ぼす

 

前立腺肥大は多くの人が発症する症状であり、50歳以上の人では5人に1人はいるといわれているほどです。

そして、前立腺肥大と性機能障害は、実は切っても切れないほど密接な関係。

前立腺肥大を発症したことにより性機能に異変を感じ取るのは、大体60歳頃からと言われています。

 

とはいえ、前立腺肥大を発症したからといって、必ずしも性機能において障害を引き起こすことになるといったことはなく、大体3割程度の人が発症しているものとなっています。

前立腺肥大によって性機能の異変、つまりはEDや勃起不全などは、排尿障害による自律神経への悪影響から発生するものと考えられています。

二次的な合併症ともいえるのです。

 

さらにある研究では、年齢的に性機能における障害が発生してしまう確率を調べたところ、60歳で30%、70歳で50%以上といった結果がでたそうです。

年齢が上がるにつれて、性機能における障害が出やすくなってしまっているのです。

そこには、ただ単に加齢によるものだけでなく男性ホルモンの存在も挙げられるものとなっています。

 

このことからも、前立腺肥大は50歳前後の中年と呼ばれる年齢に達することでその発症確率が上がり、それにともなって男性ホルモンの減少なども関係してくることからも性機能さえも低下してくると意識しておくことが大事と言えます。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。