予防のために良い食べ物や、控えるべき物は?

01前立腺肥大を予防するのに、お酒を控えるのはもちろんですが、激辛食品も交感神経を刺激するので、できるだけ控えたほうが良いでしょう。

乳製品や動物性脂肪なども摂りすぎに注意することです。

 

また、前立腺と大腸とは近いところにあるので、野菜、イモ類など繊維質の多い食べ物を摂ることで、便秘を解消させることも前立腺肥大の予防になります。

排便の際、力むと交感神経が高ぶってしまうので、力まないで排便できるようにするためにも、便秘を解消させることです。

 

前立腺肥大の予防には和食が効果的だと言われます。

日常の食事も、和食中心に、魚介類や緑黄色野菜などの植物性の食べ物を多く摂るようにしましょう。

納豆、豆腐、豆乳、みそなど、イソフラボンを多く含む食品も前立腺肥大の予防・改善に貢献します。

 

そして亜鉛は、元来前立腺に多く含まれたミネラルで、テストステロンの正常な分泌を促進し、前立腺肥大を抑える効果があるので、ワカメ、昆布、海苔などの海藻類、牡蠣やレバー、ピーナッツなどのナッツ類、卵黄など、亜鉛を多く含んだ食べ物を摂ることです。

 

日常の食べ物に気を配ると同時に、十分に水分補給を行い、定期的にトイレに行くことも大切です。

尿の出が悪く、残尿感があるときは、スイカやキュウリなどのウリ類やナス等を摂取し、これらは利尿作用があるので効果的です。

また、ノコギリヤシも同時に摂取すると相乗効果となり成果が期待できるでしょう。

 

医者もびっくり!?食べ物で前立腺肥大が改善

 

前立腺肥大を発症してしまったら、いろいろと注意しなければいけない事がでできます。

食べ物もその一つで、動物性や脂肪やタンパク質の取りすぎには注意しなければいけません。

つまり、食べ物の欧米化が前立腺肥大を招いてしまっているのです。

日本人は昔から粗食とよばれる和食を中心とした食生活でした。

それが日本人の体質には合っているからです。

欧米食は欧米人の体質や気候に合わせて形成されてきたように、和食も日本人の体質と気候によって育まれてきたのです。

 

実際に、食生活を変えただけで前立腺肥大の症状が改善してきた!なんて話もちらほらと聞かれます。

ある方は、お米を玄米食にするようにし、慣れてくると胚芽米にアワやキビなども入れて食べていたそうです。

ご飯にはゴマをたっぷりとかけて、おかずは根菜類や海草、緑の濃い野菜を中心としたものにし、魚は骨ごと食べられるようにしていたそうです。

そうした食生活をしていると、病院での検査においても、これまで指摘されてきた箇所について何もいわれなくなってきたそうです。

お医者様もびっくりしていたのだとか。

 

前立腺肥大は医学の力だけでなく、食べ物によっても改善できる可能性というはあります。

それは、前立腺肥大以外の不調をも変えていきますので、治療と共に食事の改善も取り入れていくのがいいといえます。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。