予防のために、知っておいたほうが良いこととは?

09前立腺肥大は、まだ原因ははっきりしていませんが、主な症状として排尿困難があります。

そこで、予防のためには、排尿困難となる要因を取り除くことが大事です。

 

尿意を感じても排尿を我慢していると、膀胱が過伸展になり、収縮を悪化させるため、尿意を感じたらできるだけ我慢せず、すぐに尿を出すようにします。

アルコールは前立腺を腫らして尿閉を引き起こすことがあり、また、坑コリン薬を含むかぜ薬も尿閉を引き起こすことから、お酒や風邪薬もできるだけ控えることが、前立腺肥大の予防につながります。

 

前立腺肥大は、欧米の人に多い傾向があるため、原因として、加齢によるもの以外、脂肪分やたんぱく質の摂りすぎも原因と言われています。

特に、辛い刺激の強い食事を摂りすぎると前立腺が充血し、排尿に悪影響を及ぼすことがあるため、できるだけ刺激物(辛い食事)を控えることも前立腺肥大の予防となります。

 

前立腺肥大になると夜中に何度もトイレに行くことが多くなるため、水分を控えたほうが良いのではと思いがちですが、あまり水分の摂取量が少なすぎると、脱水による腎臓機能の低下につながります。

このため、適度な水分の補給も大切ですが、やはり就寝前には水を飲みすぎないようにすることです。

 

また、体が冷えると頻尿になりやすいので、下半身を冷やさないようにします。

 

この他、同じ姿勢で長時間座り続けると、前立腺を圧迫し、全身の血行が悪くなるので同じ姿勢で長時間座るのを避ける、適度な運動を心がける。

こうしたことが大事ですし、並行してノコギリヤシを摂取することも、予防につながるでしょう。

 

前立腺肥大予防に必要なことは?

 

前立腺肥大は、50歳を過ぎた男性に発症しやすい病気で、その発症確立は5人に2人ともいわれているほどです。

もし、夜中に2回以上の尿意で起きるようになったら…発症している可能性が大となります。

「もしかして…」と感じたら、国際前立腺症状スコアで自分の今の状況がどれだけ当てはまるのかどうかを調べてみるといいでしょう。

できれば40歳を過ぎたら意識するようにするといいですね。

 

前立腺肥大を予防するには、まずは前立腺肥大についての知識を持つことが大切

そして、日常生活において原因となるようなことを作らないようにします。

特に食生活は前立腺肥大を予防する上では大事な習慣となります。

欧米食を中心とした食事ではなく、和食を取り入れるようにしましょう。

 

前立腺肥大と混同しやすいのが、前立腺がんです。

前立腺肥大から前立腺がんを発症することはありませんが、同時進行で発症してしまうことはあります。

前立腺肥大とは違い、前立腺がんは早期発見しにくいので、日頃からの予防が大事なものとなります。

前立腺がんは年々、その発生率と死亡率が上昇しています。

直腸診、超音波検査、血液検査(PSA測定)などを定期的におこない、早期発見に努めるようにしましょう。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。