前立腺肥大は再発するの?

02前立腺肥大は軽度なら治療の必要はありませんが、症状が深刻なら薬物治療などが行われ、それでも改善されない場合、手術による治療も行われます。

手術による治療は、経尿道的前立腺切除術(電気メス治療)やレーザー手術が一般的ですが、切除された前立腺の一部が残ったり、炎症などで膀胱頚部に狭窄が生じることで、そこから再発することがあるようです。

上記以外にも、長期的に見て、再発する可能性もあります。

手術を行っても、前立腺を全部切除するわけではないことから、前立腺肥大が再発する可能性があり、また前立腺癌が発生する可能性もあるようです。

再発率は5~10%だと言われています。。

 

また、アルファブロッカーを使った薬による治療の場合、尿道を広げるため、前立腺肥大はそのままの状態なので、薬による治療で症状が悪化した場合、前立腺が大きくなってしまうという可能性もあります。

 

稀に、すぐにまた前立腺肥大になってしまう、というケースもあるようですが、前立腺肥大の手術を受けた後も、頻尿、排尿困難などの前立腺肥大の症状が現れたのなら、すぐに泌尿器科で診てもらったほうが良いでしょう。
再発した場合、同じ治療を再度行うか、別の治療にするかは、医師とよく相談して決めることになります。

 

治療しても安心というわけではないので、こまめに検診を受けると同時に、再発を防ぐには、治療をきっかっけに日常生活の見直しを行い、同時にノコギリヤシサプリメントなどを毎日摂取することをお勧めします。

ストレスをためるのも良くないので、あまり過度に心配せず、周りの人とのコミュニケーションをとり、色々なアドバイスも得ることです。

 

前立腺肥大が再発してしまう理由

 

前立腺肥前の治療法はさまざま。ですから、かかりつけの医師とよく相談して決めなければいけません。

治療をしても再発をしてしまうこともあるので、しっかりと確認することが必須となります。

 

前立腺肥前の症状を改善する為に内服薬などを服用している人もいると思いますが、それでもなかなか症状が改善されないこともあります。

その場合、医師から手術を勧められることもあります。

手術は、前立腺肥前の改善に手術は最も効果的ではあるものの、必ず再発しないとはいえません。

ちなみに、その多くの手術方法が、経尿道的前立腺切除術(TUR-P)や レーザー手術となります。

特に経尿道的前立腺切除術は効果も高く、受けた人の90%は症状が改善するといわれています。

しかも、その再発率は5%から10%といわれています。

では、その残り数%の人はどうして再発させてしまうのでしょうか?

 

それは、経尿道的前立腺切除術によって切除した前立腺の一部が原因となることがほとんど

残った一部の前立腺から再発してしまうのです。

また、これだけでなく炎症をおこして膀胱頚部に狭窄を発生させてしまうこともあり、これが再発を招く事にもなるのです。

手術は効果的ではあるものの、長期的な経過観察が必要である事には変わりないのです。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。