前立腺肥大が腰の痛みに影響しているの?

03前立腺肥大は、排尿困難や頻尿などの症状が出ますが、これ以外に腰の痛みを感じる人も結構多いようです。

前立腺肥大と同じような症状が現れるものに、前立腺がんがあります。

前立腺がんは、前立腺の外側の組織にがんが発生するので、排尿困難、頻尿などの前立腺肥大と同じような症状が出るとともに、血尿、腰の痛みなども生じます。

このため、排尿困難、頻尿などの症状とともに、腰の痛みを感じる場合、前立腺がんの可能性もあるので、医療機関で詳しく診てもらったほうが良いでしょう。

ですが前立腺がんは、直腸診、経直腸エコー、前立腺特異抗原や、前立腺の組織を採取し、細胞を見る検査などで発見できます。

 

また、前立腺肥大の原因はまだはっきりしませんが、血流障害も原因になると言われます。

腰回りの部分は血管支配を受けていることから、肥満などにより血流障害をきたすと、腰の痛みを感じると同時に、前立腺肥大になりやすくなるというわけです。

これ以外にも、腰の周りの筋肉が硬くなると、脊椎から前立腺までの自律神経が、硬くなった筋肉に圧迫されてうまく機能しない状態になり、前立腺の筋肉も硬くなってしまいます。

これも前立腺肥大につながると言われます。

 

頻尿、排尿困難などの症状がなくても、腰の痛みが続く場合、いずれは前立腺肥大になる可能性も高いので、少しばかり注意したほうが良いかもしれません。

腰痛はストレスも大きく関わるので、腰の痛みを感じ始めたら、ストレスを解消させるとともに、こまめにストレッチなどを行うとよいでしょう。

ストレスを解消し、ノコギリヤシを摂取することにより、前立腺肥大の予防にもつながることでしょう。

 

前立腺肥大はカテゴリーによって違う

 

前立腺肥大は、腰の痛み以外にもさまざまな症状を発生させていきます。

前立腺肥大の進行具合によって、腰の痛みなどの症状もはっきりとわかるようになると、症状も見られるようになります。

これらの状態から、前立腺肥大は4つのカテゴリーに分類するものとなっています。

 

カテゴリー2以上となると、慢性前立腺炎となります。

これになると、腰の痛みはもちろん、下腹部の違和感、足の付け根と下腹部の境目の違和感、頻尿や尿道の違和感などがはっきりと自覚できるようになります。

病院にいって診察による触診の際、硬結や圧迫による痛みなどを医師も見て取ります。

これらの改善には、前立腺マッサージが効くようです。

カテゴリー2に属する人には抗生剤を処方したり、カテゴリー3に属する人はむくみを摂るセルニルトンを処方したりします。

どちらも、生活習慣の改善でかなり楽になるものとなっています。

 

また、触診において異常がみられないのがカテゴリー4です。

精神的なものも大きく関係しているようです。

そして、カテゴリー1は急性細菌性前立腺炎であり、高熱や排尿障害、排尿時の痛みや、検査において膿尿が見られることもあるのです。

このカテゴリー1の場合、改善されたと思った後に、カテゴリー2に移行してしまうこともあるので要注意となります。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。