前立腺肥大は自然治癒できる?

04前立腺肥大は加齢とともに増加し、80歳の人だと9割もの人がなるとも言われています。

年とともに避けられないものともいえるかも知れませんが、すべての人が、治療が必要というわけではなく、治療が必要となるのは全体の四分の一程度とも言われています。

前立腺肥大症は、排尿症状(排尿困難をはじめとする、尿を出すことに関連した症状)や蓄尿症状(尿を貯めることに関連した症状)、排尿後症状(排尿した後に出現する症状)がみられますが、検査で前立腺肥大と診断されても、軽度なら特に治療は行われず、様子を見ることになります。

軽度なら、食生活の改善などを行うことで、自然治癒も可能となるでしょう。

 

前立腺肥大は肥満や高血圧、高血糖、脂質異常症、メタボリック症候群などとの関係も指摘されているので、こうした疾患があるのなら、まずはこれらの疾患の根本的治療を行うことが、前立腺肥大でも自然治癒につながるかもしれません

前立腺肥大の発症を抑制するには、野菜、穀物、大豆などに多く含まれるイソフラボノイドが有効とも言われるので、意識してこれらのものを多く摂るようにすると同時に、肉類、脂分の多いものを摂りすぎないようにすることです。

 

過度の喫煙や飲酒、性生活など、原因は明らかではありませんが、自分で気づく点があるのであれば注意したほうがよさそうです。

こうした日常生活の改善により、自然治癒とまではいかなくても、悪化を防ぐことはできるでしょう。

 

最近は、前立腺肥大を自然治癒させる、ということを謳い文句にした、健康マットや健康椅子なども販売されています。

こうした健康グッズは、必ずしも自然治癒を保証するものではありませんが、少なくとも悪化を防ぐためには、使ってみる価値はあるかもしれません

こうしたものと並行して、ノコギリヤシの摂取をつづけることをオススメします。

 

前立腺肥大は、自然治療だけにまかせてはいけない

 

前立腺肥大において、自然治療といった方法がとられるのは、あくまでも初期の最初の頃だけです。

残念な事に、前立腺肥大は加齢によってその症状が進行していきますので、初期の頃は生活習慣の改善といった自然治療だけですむかもしれませんが、症状が進行してしまったら、それにあった適切な治療が必要となるのです。

いつまでも自然治療に任せていたら、どんどん悪化させることになりますので、常に自分の体はしっかりと見ておくようにしましょう。

 

前立腺肥大が進行してきたら、内服薬や手術といった方法がとられるようになります。

内服薬では抗アンドロゲン薬を使うこともあり、これを服用する事で前立腺が縮小していく可能性があるのです。

ただ、副作用としてインポテンツになる可能性があると言われています。

 

特に男性に多いのですが、前立腺肥大と診断されるとショックを受ける人が多くいます。

でも、前立腺肥大は加齢によって多くの人が発症させる病気ですので、そんなに落ち込まないでほしいもの。

確かに病気は嫌ですが、年をとればそれなりの体にガタが出てきます。

病気と向き合い、うまく付き合っていかなくてはならない年齢になってきたのだなと、捉えるようにしてもらいたいものです。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。