前立腺肥大に気をつけるべき食事とは?

06前立腺肥大の原因はまだはっきりわかっていませんが、近年急速に増えているのは、食生活の欧米化によるものとも言われています。

つまり、肉類を多く摂ることで、ホルモンバランスを乱し、前立腺肥大につながる可能性も・・・。

食事を見直すことも防止になるでしょう。

 

前立腺肥大を防ぐには、動物性食品を摂りすぎず、魚介類や緑黄色野菜などが中心の食事が良いとされています。
やはり、和食を中心とした食事をとることで前立腺肥大症の予防につながるのです。

また、スイカやキュウリなどのウリ類は利尿作用があることから、前立腺肥大の改善に良いでしょう。

トマトに含まれるリコピンも良いとされ、とくに毎日4 品以上の野菜を食べるのが良いとされています。

 

前立腺肥大症は便秘にも影響するので、食物繊維を豊富に含む野菜やイモ類などの食べ物を多く摂り、便秘を防ぐことも大事です。

前立腺肥大に良い影響をもたらすものとしては、大根湯、玄米スープも利尿の作用があります。

 

逆に、副交感神経を刺激するのは良くないとされるので、辛い食べ物はできるだけ避けたほうが良いでしょう。

お酒、香辛料も、前立腺を充血させ尿閉を引き起こしやすくなる恐れがありますが、適度の飲酒は、かえって良い影響をもたらすようです。

また肉類も、男性ホルモンの濃度を上昇させるので、食べ過ぎないことです。

食べ物に気を付けると同時に、ノコギリヤシサプリメントを摂取することが、予防・改善につながるというわけです。

 

前立腺肥大の食事に取り入れたい食材

 

前立腺肥大において、摂取しておくとよい食べ物として注目されているのが、カボチャの種とサーモンです。

この2つの是非とも食事にプラスしたい食材といわれていますが、前立腺肥大においてどんな効果があるのでしょうか?

 

まず、カボチャの種ですが、これは良性の前立腺肥大に有効であると言われています。

カボチャの種そのものだけでなく、これから油をとったパンプキンシードオイルなんてものもよく、前立腺細胞の増殖を抑制するといわれています。

パンプキンシートオイルには、カロチロイドとオメガ脂肪酸が含まれており、食事で摂取している人は前立腺肥大になりにくい…といった研究結果も発表されているほどなのです。

 

また、サーモンは、パンプキンシードオイルと同様にオメガ脂肪酸を含む食材

研究では、魚に含まれているオメガ3脂肪酸を摂取することで、前立腺腫瘍の進行を予防できるともいわれています。

1週間に1回は食べるようにすると、進行性前立腺がんのリスクも減少するといわれているのですから、遺伝的にリスクが高い人は是非とも食事に取り入れたいものです。

ちなみに、養殖よりも天然のほうがおすすめです。

 

カボチャの種もしくはパンプキンシードオイル、そしてサーモンを、日々の食事に意識して取り入れていくようにしたいもの。

ただし、こればかりを食事に大量に組み込むのはダメです。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。