ビタミンCの兼ね合いについて

05ノコギリヤシは育毛効果もあるとされますが、同じように、亜鉛にも育毛効果があります。

どちらも普段の食事では十分に摂取できないので、サプリメントで補うことになりますが、ビタミンCと一緒に摂取することで、より吸収率が高まります

 

さらに、クエン酸には、キレート作用と言って、亜鉛を包み込み、体内に吸収されやすいようにしてくれる働きがあります。

これにより、クエン酸に包まれた亜鉛の吸収を、ビタミンCがより高めてくれるという効果があるのです。

 

こうしたことから、ノコギリヤシの摂取の際は、クエン酸とビタミンCを多く含む食べ物も摂ると良いでしょう。
クエン酸は、レモンなどの柑橘類のほか、メロン・桃・キウイフルーツ・西洋梨などの果物、また梅干しにも多く含まれています。

 

ビタミンCは野菜、果物に多く含まれているといわれますが、特にレモン・キウイフルーツ・みかん・トマト・グレープフルーツなどに多く含まれています。
他には、アセロラジュース、ブロッコリー、カリフラワー、ピーマン、ゴーヤ、じゃがいもなどにも多く含まれています。

 

ノコギリヤシは食材としては摂取しにくいので、サプリメントで摂取することになりますが、こうしたサプリメント以外、普段の食事でも、ビタミンCを多く含んだものを食べるようにするなど、食事でのバランスも大切で、これによりさらにノコギリヤシの効果も高まる、というわけですね。

 

ビタミンCの1日の摂取量は?

 

ノコギリヤシと一緒に摂取したい栄養素、ビタミンC。

野菜や果物にたっぷりと含まれていますが、1日3食に数品取り入れることで、大体の摂取量は取れるものとなっています。

ただ、タバコをたくさん吸う人やストレス過剰となっている人は、ビタミンCの消費も早いものとなりますので、通常の食事量ではすぐに不足してしまうこととなります。

できればタバコは控えるようにし、適度のストレス解消を心がけるようにしたいものです。

 

また、ビタミンCは水溶性なので、水に溶けやすく体の外に排出されやすい特徴を持っています。

ですから、食事の最後に口にするのがタイミング的には良いものとなります。

それで言うなら、食後のフルーツなどは理にかなっているといえます。

 

ビタミンCは、大量に摂取してもそうそう副作用があるものではありません。

ですが、貯めておくことはできず、余分な量はほとんど尿から排出されてしまいます。

水溶性だからこその特徴といえます。

厚生労働省では、1日にあたりの必要摂取量の基準値を定めていますので、この数値を参考にするといいです。

男女で100mgとなっていますが、妊婦さんは110 mg授乳中の方は150 mgが推奨量となっています。

ノコギリヤシの効率的に摂取するためにも、ビタミンCの摂取量にも気をつけたいですね。

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。