男性ホルモンへの働き

04加齢とともに前立腺肥大などの症状に悩まされる人が多いものですが、これは、悪性の男性ホルモンの影響によるものです。

ノコギリヤシは、こうした悪性の男性ホルモンの働きを抑制する効果があるのです。

 

男性ホルモンは主に副腎や睾丸などで生成され、体毛増加や筋肉増強など男性らしさを作り上げるのに必要なもので、また、精力を増強させる働きもあります。

このように、男性らしくなるのに必要なものなのですが、時には、前立腺肥大の原因になるなど、悪影響を及ぼす場合もあります。

 

前立腺肥大は、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素の影響でジヒドロステロンに変えられることが原因です。

ノコギリヤシは、この5αリダクターゼの働きを抑えることで、前立腺肥大を改善してくれるのです。

 

また、5αリダクターゼは髪の毛の毛乳頭にも多く存在することから、同じように、ジヒドロステロンが増えると、毛根の育成を妨げ、男性型脱毛症(AGA)の原因となります。

ノコギリヤシは5αリダクターゼの働きを抑えることから、男性の薄毛にも効果があるとされています。

 

他にも、男性機能の回復など、ノコギリヤシは男性の悩みの解消に大きく貢献してくれるのですね。

 

男性ホルモンの減少が招く更年期障害

 

女性が中年と呼ばれる年代になると、女性ホルモンが減少して男性ホルモンが優位となることで更年期障害がみられるようになります。

この更年期障害は女性だけでなく、男性にもおこりうるもの

中高年になると男性ホルモンが減少して、それによるさまざまな弊害がおこるようになるのです。

性欲減退やED、うつ、筋肉痛、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが上昇するなど・・・その影響は健康面・精神面と関ってくるのです。

だからこそ、ノコギリヤシなどの有効な成分の活用が注目されているのですね。

 

女性の更年期障害の場合、閉経といった体の変化からその症状の発生を知ることができますが、男性にはそういったなんらかの症状がでるわけでもなく、更年期障害のスタートがわかりにくいといった難点があります

ましてや、まだその認知度も低いですから、原因が更年期障害(LOH症候群)だとわからずに、それが原因で起こる症状に悩まされてしまうのです。

 

休日や定年後に家でゴロゴロしている、急に頑固な性格になったり、イライラしたり落ち込んだりと気分の波がある・・・といったことがみられたら、それは更年期障害(LOH症候群)かもしれません。

男性ホルモンがいちじるしく減少していることの表れでもありますので、早めに医師に相談するのはもちろん、ノコギリヤシなどのサプリメントを取り入れてもいいですね。

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。