摂取量について

07ノコギリヤシは自然食品のサプリメントなので安全で、厚生労働省も特に一日の摂取量を決めてはいません。

ただ、一般的に1日200~320mgの摂取が薦められています

 

過剰摂取すると、まれに下痢や頭痛などの副作用が現れることもあるので、この場合は摂取量を少し減らしてみることです。

特に女性の場合、決められた量を越えると、ホルモンバランスが乱れ、ヒゲや体毛の発毛が生じたり、若年性更年期を引き起こすことがあります。

 

また、サプリメントの種類によって、ノコギリヤシ以外の他の含有成分の関係で一日の摂取量が異なるので、必ずパッケージやラベルに記載されている一日の摂取量を確かめておくことです。

 

ノコギリヤシを飲む期間は、最低でも1ヶ月から半年くらいは継続して摂取したほうがよいみたいです。
早い人なら1ヶ月ほどで効果が実感でき、8割くらいの人は3ヶ月で結果が実感できているようです。

 

一日320mgの摂取が基本ですが、1.5倍~2倍摂取すると、さらに効果的だったという人もいるようなので、効果が実感できないのなら、体調を考えながら少しノコギリヤシの摂取量を増やしてみると良いでしょう。

摂取して体に異常が出た場合、ただちに服用を中止して医師に相談するようにしましょう。

 

ノコギリヤシを服用する際の注意点

 

ノコギリヤシは自然界の成分からできているものですから、基本的には副作用といった事はありません。

製品に記載された摂取量をきちんと守って服用すれば、ノコギリヤシの効果を実感できるものとなります。

ですが、摂取量を守っていても体に異変が・・・つまりは副作用がおこることもあります。

ノコギリヤシを摂取する際には、摂取量以外にも守らなければいけないことがあるのです。

 

ノコギリヤシの服用を考えている人というのは、健康や美容面においてなんらかの不調を感じているからです。

体の不調を改善するために服用するわけですが、なかには絶対に服用してはいけない体調というのもあります。

それが、抗血液凝固薬や抗血液小板薬を使っている人です。

これらの薬とノコギリヤシを同時に服用すると、出血しやすくなってしまうのです。

体をよくするところが悪くしてしまうのですから、避けたい組み合わせといえます。

 

また、妊娠している、もしくは授乳中の女性はノコギリヤシを服用してはいけません

簿母体である女性が服用する事で、それがお腹の中にいる赤ちゃんに、そして乳児にもいきわたることになり、それが大変な症状を引き起こす事になりかねないからです。

 

ノコギリヤシは摂取量だけでなく、体質や状態もしっかりと見極めてから飲むようにしたいもの。

でないと、後々大変な事態になってしまうかもしれませんので注意しましょう。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。