どんな成分が含まれているのか?

02ノコギリヤシは、ヤシ科のハーブの一種ですが、滋養強壮、利尿、鎮静効果があることから、昔から民間薬として活用されてきました。

最近は前立腺肥大症の予防や改善の効果もあることが判明し、脱毛・薄毛の予防効果も注目されています。

 

ノコギリヤシで注目されているのは、果実の成分で有効成分の一つ、βシトステロールです。

これには、酵素の働きを抑え、男性の前立腺肥大症を改善する効果が確認されています。

βシトステロールは、最近注目されているフィトケミカルの1つで、コレステロールの吸収を抑える働きがあることでも知られています。

 

これ以外、脂肪酸や、フィトステロールなども含まれ、フィトステロールは、食品添加物や医薬品、化粧品などに広く応用されています。

こうした様々な成分の相乗作用により、効果を発揮するのです。

 

ノコギリヤシには、前立腺肥大を抑える作用のほか、前立腺肥大の炎症を抑え、細胞増殖を抑制する作用、さらに、尿道括約筋を補強する作用もあるのです。

これ以外にも、脱毛症への効果や、男性機能回復にもよいと言われています。

もちろん薬ではありませんから、誰にでも効果があるわけではありませんが、体に良い成分がたくさん含まれているところを見ると、かなりの実感が期待できるのではないかと思います。

 

ノコギリヤシの成分を失わず、フレッシュさを維持したまま摂ることができるサプリメントで、高齢化が進む中、健康を維持したいですね。

 

ノコギリヤシには注目の成分がたっぷり

 

ノコギリヤシに含まれている有効成分というのは、主に脂溶性

他にも遊離脂肪酸、脂肪酸エステル、ステロール類とあります。

先ほども述べた、注目度も高いβシトステロールはステロールに属するものであり、ヨーロッパにおける研究チームによって、尿の出を良くする成分であることがわかっています。

 

さらに、最近の研究では遊離脂肪酸であるオレイン酸・ラウリン酸・ミリスチン酸・リノール酸・パルミチン酸が、膀胱と前立腺の筋肉にある受容体に結合して収縮をコントロールし、排尿障害を改善するといったことがわかってきています。

特に、ノコギリヤシに含まれているオレイン酸という成分の存在はすばらしく、他の果実エキスに比べてもその含有率、そして薬理活性が高い事は注目されているのです。

 

オレイン酸は、リノール酸と並んで健康に良いことで知られている成分です。

それは、天ぷら油などの揚げ物に利用する商品にその名を見つけることができることからもわかります。

食用油の成分表には、リノール酸配合やオレイン酸、リノレン酸配合といった名前がよく登場しているのです。

 

また、ノコギリヤシには他にも飽和アルコールのオクタコサノールといった成分も含まれています。

エネルギーを高める事で疲労回復、集中力を高めるとしてアスリートに注目されています。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。