前立腺肥大症に悩む方に人気の理由は?

05ノコノコギリヤシは、前立腺肥大症の悩みをやわらげるのに良いことが判明し、最近注目度が高まっています。

前立腺肥大症は、男性の尿道の周りにある前立腺が肥大し、尿道が圧迫されることで、頻尿や残尿感などの排尿障害が生じるものです。

 

ノコギリヤシは既にアメリカ、ヨーロッパでは前立腺肥大症の治療に用いられ、薬の代替品として推奨されたりもしています。

日本でも、最近、軽度~中度の前立腺肥大症患者の日本人男性に対する臨床実験により、ノコギリヤシによっておしっこの悩みが改善しているようです。

 

前立腺肥大症は、加齢に伴い、男性ホルモンの一つ、テストステロンの分泌が減少すると、前立腺は血中からテストステロンの取り込みを強化し、これが、酵素の働きでジヒドロテストステロン(DHT)となって蓄えられます。

このジヒドロテストステロン(DHT)の濃度が高まることで、前立腺が肥大することが原因となるのです。

 

ノコギリヤシには、テストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変える酵素の活性化を抑えるほか、炎症を抑える作用などにより、前立腺細胞の活性化に対抗する働きがあるようです。

様々な角度から悩みをサポートしてくれるようですから、かなり実感できる方も多いようです。

もちろん薬ではありませんから、前立腺肥大症に効くというわけではありませんが、じわじわと有用成分がしみわたってきますから、長い時間をかけて体を良くしていく感じですね。

 

ノコギリヤシエキスは、今後、前立腺肥大症の改善させるためのサプリメントとして、さらに広まりそうですね。

 

前立腺肥大症の一般的な治療とは?

 

前立腺肥大症の治療にと、医療現場でも注目されているノコギリヤシ。

ヨーロッパでは医薬品として認可を受けており、広く活用されているようですが、日本ではまだサプリメントの方が主流となっています。

医療現場でもノコギリヤシに注目する人が増えてきてはいますが、まだ医薬品としての流通はヨーロッパほどではないのです。

 

通常、前立腺肥大症の検査では、肛門から指をいれて前立腺の状態を診断する「直腸診」が主流となっています。

他にも状況に合わせて尿流量測定検査(ウロフロメトリー)や腹部超音波検査などをおこないます。

また、前立腺癌の可能性を調べるための前立腺特異抗原(PSA)といった血液検査や、特殊な検査など…実にさまざまな方法があります。

 

治療法としては、症状が軽ければそのまま様子をみる、もしくは薬を服用することとなります。

薬ではハルナールやフリバス、アビショット、エブランチル、ユリーフなどが一般的。

血圧を下げる作用もあるので、場合によってはたちくらみなどの副作用も…。

しかも、これらの薬を服用したからといって治るわけではなく、飲まないと悪化する対処療法となります。

そういったことからも、より副作用の心配が少ない、天然成分でできているノコギリヤシが前立腺肥大症の治療法として注目を集めているのですね。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。