ジヒドロテストステロンを減少できますか?

ノコギリヤシ01男性ホルモンの一つであるジヒドロテストステロンは、強い脱毛作用を持っています。

テストステロンが還元酵素に変わることで生成される成分なのです。

ジヒドロテストステロンは、髪の毛が伸びるのを抑える力を持ち、抜け毛の増加にも関係しています。

 

また、皮脂が多く分泌されるように促し、毛穴に皮脂が詰まることで髪の毛の成長を妨げます。

それによって、ヘアサイクルの循環が悪くなってしまい、抜け毛が増えてしまうのです。

とにかく、ジヒドロテストステロンは、男性の脱毛症や抜け毛の原因になりやすいのです。

 

ノコギリヤシは、男性ホルモンの分泌を抑える力があるのでジヒドロテストステロンが発生するのを防ぎます。

つまり、5-アルファリダクターゼという成分を抑えて、ジヒドロテストステロンを減少させてくれます。

 

こうした変化は、薬によって促すこともできますが、その場合は副作用が出ることもあります。

そのため、ノコギリヤシのように安全な天然成分でできたサプリメントを使用する方が安心できます。

 

北アメリカの原住民たちは、昔からノコギリヤシを食用にしていました。

滋養強壮などに効果のある植物としてノコギリヤシを食べていたのです。

長い歴史の中でずっと食用にされてきた植物ですから、安全性が高いといえます。

 

ノコギリヤシのサプリメントを摂取すれば、体毛が濃くなるのを防ぐこともできます。

髪の毛が薄いという悩みも、ノコギリヤシを飲めばよい変化が見られます。

もし、薄毛で悩んでいる人がいれば、ノコギリヤシのサプリメントを飲むのがおすすめです。

 

薬ではないのですぐに効果は出ませんが、最低でも1ヶ月以上飲み続けることでよい変化が出てくるのです。

ノコギリヤシのサプリメントは、きっとあなたの悩みをなくしてくれます。

 

ジヒドロテストステロンって何?

 

ノコギリヤシがその働きを抑制するといわれているジヒドロテストステロン。

これは、毛根近くから分泌される変換酵素と男性ホルモンの一つである「テストステロン」が結びつくことで発生するものです。

さらに5αリダクターゼと結びつくことで脱毛を進行させる物質へと変わるのですから迷惑なもの。

 

ジヒドロテストステロンの生成は、髪の成長においてはあまり好ましくないもの。

髪の成長期が短くなりますから、長くて太い髪の毛になるまえに抜けてしまい、短い髪ばかりになってしまうのです。

これが薄毛としてわかるようになるのです。

 

とはいえ、ジヒドロテストステロンが生成されたから即抜ける!というわけではありません。

毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつくことで、抜け毛の進行をストップ!

後頭部や側頭部にある髪は、レセプターがないのでジヒドロテストステロンの影響を受けることがなく、額や頭頂部はそうではないので抜け毛が進行してしまうのです。

 

ちなみに、薄毛になりにくい人は5αリダクターゼの分泌量による違いといえます。

この量の違いは遺伝子で決定されているとも考えられています。

遺伝子を変えることはできませんが、ノコギリヤシによる影響は期待できるもの。

薄毛に悩む人は、ノコギリヤシなどから改善に働きかけるといいですね。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。