飲む時間は、いつがいいですか?

04ノコギリヤシは、欧州の先進国などでは既に前立腺肥大症の初期治療薬として認可されていますが、日本では食品扱いで、現在厚生労働省による摂取量の目安は定められていません。

欧州各国の臨床試験によると、ノコギリヤシのエキスを1回160mg、1日2回(合計320mg)摂取することで、良い結果が得られたそうです。

このため、一日二回、朝晩摂取するのが良いでしょう。

サプリメントの場合、まとめて飲んでも問題は無いものですが、サプリメントの栄養成分は体内にずっと留まっていることはないので、やはり分けて飲むほうが効果的と言えます。

飲む時間としては、食後が、消化酵素がよく出ていることから、ノコギリヤシの有効成分も吸収されやすいので、食後30分以内ぐらいに服用するのが良いみたいです。

 

また、ノコギリヤシは油に溶けやすい性質なので、油分のある食事の後に摂取すると、より吸収率が高まります。

これ以外、就寝中は代謝が活発になり、摂取した栄養分が吸収されやすい環境となります。

こうしたことから、前立腺肥大による頻尿などの症状に悩まされている場合、飲む時間として就寝前に摂取するのも良いでしょう。

 

あまり多く飲み過ぎると、頭痛やめまいなどの副作用が出る場合が稀にあるので、はじめは少量から始め、問題ないようでしたら、少しずつ摂取する量を増やすと良いでしょう。

摂取する際には、製品に書いてある用法・用量をきちんと守ることです。

 

ノコギリヤシは食事時や就寝前に飲む

 

ノコギリヤシをサプリメントなどで摂取する場合、どうせなら効率的な方法でやりたいもの。

それでいうなら、やはりどの時間で飲むのかが、とても気になるものとなります。

できるだけ、効果が高く期待できる時間帯にしたいですね。

 

ノコギリヤシのサプリメントでは、1日の好きな時間に摂取していいですよと謳っているものもあれば、細かく指定しているところもありますね。

もし、1日1回の摂取を推奨しているノコギリヤシのサプリメントであれば、夕食時に摂取するのがいいでしょう。

複数回の摂取が推奨されている場合は、食事の際に一緒に摂取するのがおすすめです。

また、就寝中は代謝が活発に行われることからも、摂取した栄養分…つまりは、ノコギリヤシが持つ栄養素が吸収されやすくなっていますので、この時間帯を狙って摂取するのもいいですね。

前立腺肥大による頻尿に悩まされている人は、就寝前が最適と言われています。

 

サプリメントであれば、仕事でなかなか決まった時間に帰宅できなくても持ち歩くことができます。

外食での食事になってしまったとしても、食事時間に気を付けて、なるべく栄養バランスが整っているメニューを選ぶようにするといいでしょう。

それだけでも変わってきますから、ちょっと意識してみたいですね。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。