副作用はあるのでしょうか?

09ノコギリヤシは天然植物から採取された成分なので、副作用も少なく安心して摂取できるといわれています。

前立腺肥大は、加齢による男性ホルモンのバランスの乱れが主な原因ですが、従来は化学合成されたホルモン系や交感神経系の薬による治療が行われていました。

しかし、ホルモン系の薬の場合、性欲減退、精力の低下が、また交感神経系の薬の場合、めまい、倦怠感などの症状が出やすいものでした。
これに対し、ノコギリヤシは前立腺肥大を改善させるだけではなく、天然成分なので副作用がほとんどないことから、ヨーロッパではすでに医薬品としても用いられています。

ノコギリヤシは天然成分のみで作られているため、他の薬、サプリメントと併用しても問題ないとされています。

 

薄毛に対しても、経口タイプの育毛剤の場合、精力減退などの副作用が生じることがあるようですが、ノコギリヤシは、こうした症状もほとんどないようです。

ただ、過剰摂取すると下痢や頭痛などの軽い症状が出ることもあるようですが、症状は軽いものなので、あまり心配することはないみたいです。

 

また、女性が摂取するとホルモンの影響により、まれにひげが生えてくる、というケースもあります。

ただし、これもあくまで過剰摂取の場合で、用量を守っていればほとんど心配はないでしょう。

妊娠中や授乳中の女性の場合は、影響がよくわかっていないことから、摂取を控えたほうが良いみたいです。

 

ノコギリヤシで副作用がみられる、特に多い理由

 

ノコギリヤシは天然物ですから、基本的に副作用はありません

なにせ、現地では食用としても使用されているほど。

常識のある範囲内であれば、副作用といったことはおこらないのです。

 

ただ、副作用が言われるよくある理由としては、過剰摂取が挙げられます。

飲みすぎは自己管理の甘さともいえますが、これにより嘔吐や便秘、下痢、吐き気、腰痛などの症状がみられるそうです。

こうした結果を出さないためにも、1日に守るべき用量はしっかりと理解しておきましょう

 

また、ノコギリヤシの副作用が心配される原因として、医薬品の服用があります。

抗血液凝固液や抗血液小板薬とノコギリヤシを一緒に服用すると、怪我をした際に大変な事になります。

傷口から血が止まりにくくなりますので要注意です。

 

そして、妊娠中や授乳中の女性は、お腹の中の胎児や乳児に影響を与えてしまう恐れがあるので、この時期は服用するのをやめておきます。

この時に女性の体というのは、ホルモンバランスの変動も活発ですから、それに対しての影響というのも計り知れないのです。

もちろん、まだ成長過程の子供にもノコギリヤシは副作用が懸念されていますので、その服用はNGとなっています。

いくら健康に良いといっても、万能ではないのです。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。