一日の摂取量はどれくらいでしょうか?

10ノコギリヤシの一日の摂取量は、日本では特に明確には定められていません。

外国の場合、例えばアメリカでは500mg、ドイツでは320mgが目安とされています。

日本人の場合、欧米人と比べて体格が小さいことから、200mg~320mgを一日の摂取量の目安と考えればよいみたいです。

多少の個人差はありますが、320mgまでは問題なく摂取できるといわれています。

さらに1.5倍~2倍の量を摂取すると、さらに効果的だったというケースもあるようで、

継続して摂取し、問題ないようなら少しずつ摂取量を増やすとよいでしょう。

 

ノコギリヤシに限らず、サプリメントは過剰摂取すると逆に悪影響が出る恐れもあるので、必ず容器などに記載された用法・用量を守ることです。

製品によってノコギリヤシの含有量が異なるので、摂取するサプリメントの含有量がどのくらいかを確認しておきましょう。

特に、複数のサプリメントを併用する場合は、必ず確かめることです。

ノコギリヤシは自然成分なので、深刻な副作用の心配はありませんが、摂取量が多いと、ごくまれに胃もたれや吐き気、下痢、腹痛などの症状を引き起こすこともあるようです。

この場合は、摂取量を減らすなどして、様子を見るようにしましょう。

 

また、妊娠中・授乳中の女性や未成年者は、ホルモンバランスの失調をもたらす恐れがあることから、摂取を控えたほうが良いとされています。

 

ノコギリヤシの摂取量は、なぜ320mgなのか?

 

ノコギリヤシの1日あたりの必要摂取量といのは、日本でははっきりとは定められていませんので、服用する際にはサプリメントのパッケージに書かれた用量用法を守ってとなります。

大体、1日に320mg以上となっていますが、個々の体の状態にもよりますので、そこは自分の体と相談しながら摂取量を決めるようにします。

人によってはピッタリな摂取量かもしれませんが、別の人にとっては物足りない…少し増やしても大丈夫なこともあるのです。

それを調べるには、一気に増やすのではなく、少しずつ増やして様子をみて量るのが一番です。

 

ちなみに、体格から320mgといった摂取量のボーダーラインとなっていますが、これはヨーロッパでの臨床実験による結果も目安になっているそうです。

1日あたり320mgのノコギリヤシエキスを投与したら、良い結果のデータがとれたそうです。

それもあって、320mgが摂取量のボーダーラインとなったのだそうです。

実験では、この量の1.5倍から2倍近くでも効果的な結果が出たそうですから、320mgを最低ラインとして、後は個々の体の状態に合わせて摂取量を決めていけるようにしたのですね。

 

また、ノコギリヤシの効果がどれくらいで出るかの実験では、早い人では1か月で、約8割の人が3カ月でその効果を実感できたそうです。

つまり、これくらいは飲み続けなくてはいけないということなんですね。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。