ノコギリヤシはどこで育ち、加工されているの?

1頻尿や尿切れの悪さで悩む男性のためのサプリ・ノコギリヤシとは、ヤシ科の植物の果実から抽出するエキスから作られています。

ヨーロッパではメディカルハーブとして古くから研究されてきた歴史があり、現在では泌尿器系疾患に処方する国も存在します。

ただし原産地はヨーロッパではなく、アメリカ合衆国の南東部エリア。

メキシコ湾や大西洋沿岸の砂地に自生し、フロリダ州では栽培もおこなわれています。

 

亜熱帯~熱帯の気候で育つ植物ですが、日本でも栽培自体は不可能ではないと言われます。

しかし日本でノコギリヤシを栽培しているという話は聞かれません。

その理由はノコギリヤシの成長速度にあります。

 

その名の通りノコギリヤシには、ノコギリに似てギザギザとした1mほどの長さの葉がついており、木全体の高さは2~4m程度です。

大きさから言っても栽培には広い場所が必要ですね。

そしてノコギリヤシエキスは果実から採取しますが、その成長速度はとてもゆっくりしているため、実をつけるほど成熟するには、なんと500~700年もの樹齢が必要なのです。

もちろん、成長も実をつけるのも天候に左右されることもあり、エキス採取を目的にノコギリヤシの栽培をするのは、なかなか難しいことなのです。

 

海外での採取、加工を経て日本へ届くノコギリヤシ

フロリダの温暖な気候の中で長い時間をかけて実ったノコギリヤシは、固い果実です。

この果実からエキスを抽出する方法として有名なのが、超臨界抽出法。

超臨界抽出法を利用すると、混じりけがなくて保存が効く、良質なノコギリヤシを取り出すことができます。

超臨界抽出法はイタリアのインデナ社という企業が開発した技術であり、このインデナ社のノコギリヤシエキスは特に信頼性が高いことで有名です。

 

例えばこのインデナ社のエキスを使う場合、アメリカで採れたノコギリヤシがヨーロッパで加工されて、サプリとして日本で加工・販売され、消費者の元に届いているというわけです。

原産地のインディアンも利用していたノコギリヤシの力が、現代でも活かされています。

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。