漢方では頻尿をどう治す?ノコギリヤシも漢方なの?

1頻尿で一般的な病院にかかった場合、問診や検査などを受けて、膀胱や前立腺などいずれかの臓器に問題があるのかを診断します。

その結果に合わせて薬が処方されたり、必要な処置を行います。

 

病院にかかるほどではない頻尿の初期症状では、自宅でのセルフケアが治療の基本となり、生活習慣の見直し、そしてノコギリヤシサプリを利用することで改善を期待することが可能です。

 

さらにもうひとつの選択肢として、漢方薬での治療が挙げられます。

ノコギリヤシもまた、棕櫚(シュロシ)という名の漢方薬のひとつでもあります。

そこで、漢方ではどのような方針で頻尿の治療が行われ、どんな薬が処方されるのか簡単に紹介しましょう。

 

水分や気の流れを良くして排尿をスムーズに

頻尿の原因は様々で、シンプルな水分の摂り過ぎから膀胱炎などの感染症、ノコギリヤシが役立つ前立腺肥大、筋肉の機能低下、さらには心因性のものなどが挙げられます。

漢方では、頻尿は五臓六腑、特に腎と膀胱の機能失調と関係しているという考えのもと、体内の水分の流れを良くすることで体質を改善し、症状を良くしていきます。

 

漢方は個人の体質や症状を重視するため、細かな日常生活のスタイルや胃腸の調子、月経のことなど詳細な問診を行うのが特徴です。

頻尿や尿漏れとは関係ないのではと思うかもしれませんが、漢方では処方に欠かせない重要な情報なのです。

 

前立腺肥大では、加齢により衰えた気力を補うため、気の流れを変えたり血の巡りを良くする生薬が選ばれます。

腎を温め、働きを良くする八味地黄丸や牛車腎気丸が代表的です。

尿道括約筋の機能が低下している際には補中益気湯、ストレスが強い場合には加味逍遙散や猪苓湯、動悸や不眠がある場合には清心蓮子飲などが用いられます。

 

漢方における棕櫚は、その皮や葉が止血や血圧調整に用いられており、サプリに利用されるノコギリヤシとは原料や用いられ方が異なっています。

漢方にしてもサプリのノコギリヤシにしても、その成分の特徴や働きをしっかり理解したうえで、自分に合ったケア方法を選んでみてください。

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。