ノコギリヤシのサプリと漢方、その違いは?

1体調に悩みや不安がある時に選ぶものとして、処方薬、販売されている医薬品、そして漢方薬、サプリメントが挙げられます。

そのなかでも「どう違うの?」という疑問の声が多いのが「サプリ」と「漢方」です。

 

ノコギリヤシは日本ではサプリメント、つまり健康食品のひとつです。

ただしヨーロッパ各国では処方薬として、さらに中国では漢方に用いる生薬・棕櫚子(シュロシ)として扱われています。

国外もあわせて見てみれば、ノコギリヤシはサプリでもあり、漢方、そして処方薬でもあるのです。

とはいえ、サプリと漢方は「別のもの」として考えられます。

 

共通点として、ともに自然界のものを原料としています。

サプリでは大量の原料からエキスを抽出しているので、凝縮された栄養を一度に、手軽に補うことができます。

ノコギリヤシでは果実の有効成分がカプセルに凝縮されています。

 

一方の漢方薬は、木の根、葉、果実、石、ハチの巣、すごいものではゴキブリまでが生薬となります。

症状に合わせて、それぞれに薬効の違う生薬を組み合わせて作られるのが漢方薬です。

サプリ成分が加えられることもあります。

 

漢方は医薬品、サプリは食品

根本的な違いは、サプリは食品であり、漢方薬は医薬品である点です。

医薬品とサプリでは使用目的が異なり、医薬品である漢方は何らかの悪い症状を治すために、サプリは不足している栄養を補うために作られています。

ノコギリヤシで言えば、中高年になるにつれバランスが乱れがちな男性ホルモンの変化を抑える成分を補ってくれます。

 

医薬品である漢方では、効果がより強い分それだけ副作用のリスクが存在しますが、食品であるサプリは体の中で少しずつ作用していく性質であるために、副作用の心配が少なく、特にノコギリヤシは安全性が高い成分と言われます。

 

使い分けとしては、例えば頭痛や肩こり、動悸など具体的な症状が出ている場合には漢方薬を、何となく調子が悪かったりスッキリしない場合にはサプリメントという考え方が基本です。

年齢とともに何となく増えていく排尿トラブルには、ノコギリヤシサプリが選ばれています。

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。