ノコギリヤシサプリを選ぶときは副成分にも注目!

3ノコギリヤシサプリの原料を確認してみると、ノコギリヤシエキスの他にも様々な原料が使用されています。

そのなかでゼラチンやグリセリン、ミツロウといったものは、エキスをカプセル化するために必要な原料で、特に栄養として加えられているものではありません。

 

そのほかの原料で、ノコギリヤシとともにサポートを期待して配合された成分を「副成分」と呼び、これを見ると「どんな悩みに対応したサプリなのか」がよく分かるようになっています。

 

頻尿に対応したノコギリヤシサプリ各商品の原料を見てみると、副成分としてよく選ばれているのは「カボチャ種子エキス」「亜鉛」「トマトリコピン」「ビタミンEといった成分です。

 

ノコギリヤシサプリの副成分の働き

カボチャ種子エキスとは、日本では園芸などに用いられる小さなカボチャの種から抽出されるエキスです。

ペポカボチャ、西洋カボチャとも呼ばれています。

カボチャ種子エキスに含まれるリグナンには女性ホルモンバランスを整える作用があり、植物ステロールには前立腺肥大症状の緩和を期待できます。

抗酸化作用が期待できるビタミンEやセレンも含まれています。

男女ともに、加齢に伴う排尿トラブルの改善を期待できる成分です。

 

ノコギリヤシ同様に、亜鉛は酵素・5-αリダクターゼの働きを阻害する作用があると考えられ、排尿トラブルへの効果が期待できます。

 

トマトリコピンを継続的に摂ることで、前立腺肥大症状の進行が抑えられたという報告があります。

これは、リコピンの抗酸化力による抗老化作用、抗菌作用が役に立っているのではないかと考えられます。

ビタミンEもまた、強力な抗酸化成分として知られます。

 

ちなみに超臨界抽出法での製造では、純粋なノコギリヤシエキスだけを抽出できるため不純物が混じらず、腐敗が起きにくいので保存のための添加物を加える必要がありません。

サプリの品質チェックでは、余分な添加物がないかどうかもポイントにしてみてください。

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。