頻尿とストレスにはどんな関係が?ノコギリヤシの影響は?

1気持ちは気持ち、体は体・・・と思うかもしれませんが、実は、体は精神的な影響を大きく受けています。

尿を排出するという内臓の動きもまた、神経の影響を受けるもののひとつであり、そのようにして心理的なストレスなどで頻尿になってしまう「心因性頻尿」は珍しい症状ではありません。

 

ノコギリヤシは中高年男性に多い前立腺肥大に影響して、その結果頻尿が改善できるものなので、心因性の頻尿でノコギリヤシを服用したとしても、直接的には効果がないと言えます。

 

ストレスから頻尿になるケース

ストレスのなかでも頻尿を起こしがちなのは、不安や緊張です。

例えば重要な試験や面接、大事なプレゼン、大勢の人の前での発表会などの前に、緊張や不安で急にトイレに行きたくなる経験はよく見られますよね。

これは不安や緊張によるストレスが尿意を引き起こしているのです。

 

ただ、これが頻尿かといえばそうではなく、その時は尿意を感じても試験や発表会が終わってしまえば排尿状態は普通に戻ります。

このような尿意が、一時的なもので終わらず生活の中で頻繁に起こるようになってくると、頻尿と呼ばれる状態になります。

 

その原因は人により様々ですが、仕事や移動中にトイレを我慢しなければならなかった体験などをした際、「また同じようにトイレを我慢しなければならないのでは」という不安から、尿が溜まっていないのに尿意を感じてしまうようになります。

 

心因性頻尿の特徴として、何かに夢中になっている時やリラックスしている時、そして眠っている間は尿意を感じません。

補助的な治療法として抗うつ薬などを服用する場合もありますが、基本的にはできるだけリラックスを心がけたり、排尿日誌をつけてそれほど頻繁にトイレに行く必要がないことを確かめたりして、改善していきます。

 

一方、ノコギリヤシがサポートする頻尿は、夜中も尿意で目が覚めたり、仕事に集中している時や休憩中でもトイレに行きたくなります。

心因性の頻尿であっても、ノコギリヤシを飲んでいるという安心感で尿意が軽減される可能性もあります。

ノコギリヤシは植物由来のエキスで副作用の心配がほとんどないので、試してみるといいですね。

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。