ノコギリヤシをハーブとして利用してみよう!

1サプリ成分としてなじみがあるノコギリヤシは、「メディカルハーブ」の仲間です。

ハーブとはもともとラテン語で草木のことを指し、植物のなかでも健康に効能を持つものがメディカルハーブと呼ばれています。

 

ハーブそのものは、実は普段の生活でよく使われています。

例えばミントは、歯磨き粉やチョコレートに入っていますし、煮出してお茶として飲むハーブは数多いですよね。

肉類の臭み消し、魚や野菜の香りづけ、ケーキなど、料理でもたくさんのハーブが用いられています。

アロマとしての用法も多く、アロマオイルの原料になったり、市販の入浴剤などに用いられます。

 

このように様々に使われる理由は独特の香りだけでなく、ハーブが持つ消化促進作用や強壮作用、殺菌効果、鎮静効果などの活用が目的になっています。

効能を治療や健康のために生かすケースも多く、代表的なものでは中世ヨーロッパで大流行したペストの予防として、ハーブがペスト除けに使われていたという事実があります。

 

ハーブとしてのノコギリヤシの効能

ノコギリヤシ原産地のインディアンたちの利用法であった、利尿剤、強壮剤というのもまた、メディカルハーブとしての扱いですね。

なかでもその利尿作用は研究が重ねられ、ノコギリヤシを「植物性のカテーテル」とよぶこともあるほどです。

 

ノコギリヤシの効能として、頻尿を引き起こす前立腺肥大症や前立腺炎症の緩和、薄毛や抜け毛の予防、そして疲労回復や体力増進、免疫力の向上が期待できます。

また、頭皮の脂っぽさを抑えることから、シャンプーなどにも含まれています。

 

ノコギリヤシには味はほとんどなく、香りはちょっと酸っぱいような独特の匂い、洋酒のような匂いと例えられます。

料理やアロマとして用いられることはなく、最も代表的なのはサプリとしての服用ですが、漢方の生薬として、またハーブティーとして飲むこともできます。

 

乾燥したノコギリヤシの果実は固く煮出しにくいので、少し砕いてから煮出します。

効能を意識するのであればサプリでの服用が効率的ですが、お茶としていただくことで効能が期待できるだけでなく、リラックスしたり体が温まるのは嬉しいですね。

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。