市販の薬とノコギリヤシはどう違う?

5頻尿の初期症状の多くは、自宅でのセルフケアで改善することが多いと考えられています。

そういったセルフケアのひとつに、市販薬やサプリの服用があります。

では、頻尿改善の市販薬とノコギリヤシサプリでは、どのような違いがあるのでしょうか?

 

まず市販薬は医薬品に分類されますが、ノコギリヤシサプリは健康食品です。

医薬品の方が販売場所が限られますが、近年では販売場所が拡大しつつあり、購入の利便性についてそれほど差はないかもしれません。

 

そして最も気になるのが、副作用の違いです。

植物の果実から抽出したノコギリヤシには副作用はほぼないと言えます。

一方頻尿の市販薬では、医薬品であるため、ある程度の副作用のリスクが挙げられます。

なかでも注意したいのは、排尿回数を減らす効果が強く出過ぎて排尿がしにくくなってしまったり、残尿感が増してしまうケースです。

これではもともとのトラブルが解消されない恐れがあります。

 

トラブルの原因への効果はどう?

もう一つ注目したいのは、排尿トラブルの原因に合っているかどうかという点です。

ノコギリヤシの場合、中高年の男性に多く見られる「前立腺肥大による頻尿」に対する効果があり、頻尿の原因であるDHTの増加を防いでくれます。

市販薬の多くは漢方成分をメインとして、頻尿の他、尿漏れや喉の渇き、体力低下、冷え、下半身の衰えなど、より広範囲な排尿トラブルを効能に挙げています。

 

頻尿の原因が前立腺肥大を疑うものであれば、ピンポイントで作用するノコギリヤシの方が効率的と言えるかもしれません。

市販薬でも効能をより限定した商品もあるので、自分の症状に当てはまるものがあれば試してみる価値があります。

 

作用がより穏やかなノコギリヤシサプリでは、少なくとも3ヶ月程度服用して様子を見ますが、市販薬はサプリのように長期間飲み続ける性質のものではありません。

1~2週間服用してみて改善が見られない場合には服用を中断し、サプリへの切り替えを検討したほうが良いかもしれません。

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。