頻尿のメカニズム、ノコギリヤシが効くのは?

4体調不良の原因と症状は1:1で対応するものではなく、多くの場合ひとつの症状に様々な原因が関係しています。

頻尿もまたその原因は色々で、複数の原因が合わさっていることが珍しくありません。

 

頻尿という一つの症状に対し、尿を溜める膀胱、それを送り出す尿道や、尿道括約筋や骨盤底筋、前立腺といった臓器のほか、脳も関わっています。

サプリメントの中で頻尿に薦められるものと言えばノコギリヤシですが、ノコギリヤシがサポートするのは、前立腺が関わる頻尿です。

 

前立腺はそもそも生殖のための男性特有の臓器ですが、膀胱の下で、尿道を取り巻くように存在します。

このことから、排尿行為と前立腺には、深い関係があることが分かります。

 

前立腺の肥大が排尿を困難にする

高齢者男性の多くが頻尿を感じるのは、加齢に伴い前立腺が大きくなり過ぎて、尿道を圧迫してしまうためです。

エイジングのひとつとして男性ホルモン分泌量が減少し、男性ホルモンを必要とする前立腺が過剰にテストステロンをとりこんで、これがDHTへと変わることで前立腺が肥大していきます。

 

テストステロンをDHTへと変えるのは酵素の5-αリダクターゼであり、ノコギリヤシエキスはこの酵素の働きを抑えることで、前立腺肥大を和らげ尿道の圧迫をなくしていきます。

 

前立腺肥大において、実際に治療を必要とするのは患者さんの1/4程度で、あとの3/4の方はセルフケアでの症状改善が可能と言われます。

セルフケアが効果的なのは、前立腺肥大症状の第1期である膀胱刺激期です。

肥大し始めた前立腺によって圧迫された膀胱が敏感になり、頻尿や尿意切迫感、下腹部の不快感が現れ始めます。

このような初期の段階であるほど、ノコギリヤシが力を発揮します。

 

尿の勢いがなくなり、残尿感が出始めるのが第2期の残尿発生期で、残尿による尿路感染リスクがあります。

第3期の慢性尿閉期まで進行すると、膀胱が尿でいっぱいなのに排尿できず、腎機能に問題をきたすようになります。

頻尿では「まだ大丈夫」ではなく、「今がセルフケアの時期」と気づくことが大切と言えるでしょう。

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。