ノコギリヤシと薬の違いは?副作用とは?

5今すぐ何とかしたいような頻尿や残尿感ではないとき、「病院に行くほどじゃない」と考える方は多いと思いますが、そのままでは不快感が残ります。

いざ病院に行ってみても特に処置は必要なく、薬を処方されて飲み切ったものの、改善しないということもあります。

 

このような軽度の排尿悩みにおすすめなのがノコギリヤシサプリの服用です。

病院の薬とノコギリヤシとの違いは何かを考えてみると、ひとつに副作用リスクが挙げられます。

そこで、排尿トラブルに処方される薬に見られる副作用にはどんなものがあるかを、簡単に見ていきます。

 

頻尿で処方される薬の副作用

前立腺肥大による排尿困難で処方されるハルナールやバソメットなどの薬には、めまいや立ちくらみ、低血圧といった副作用のリスクがあります。

プロスタールやバーセリンなどでは、肝機能や性的機能の低下のリスクが挙げられています。

 

残尿感に対するエビプロスタットやパラプロスト、排尿痛に対するセルニルトンの処方では、胃の不快感、食欲不振、吐き気の副作用が報告されています。

漢方薬である八味地黄丸、六味丸、牛車腎気丸、清心蓮子飲では、腹痛、下痢、胃の不快感、吐き気、発疹の副作用が挙げられています。

 

なかでも八味地黄丸は夜間頻尿向けの市販薬としても販売されていますが、副作用の欄には発疹、かゆみ、食欲不振、胃の不快感、腹痛、動悸、のぼせ、口唇・舌のしびれが記載されています。

同じく市販薬でよく見られるユリナールの成分は清心蓮子飲ですが、間質性肺炎や肝機能障害のリスクがあるとされます。

 

もちろん、服用したすべての方にこの症状がみられるわけではありませんが、リスクとして知っておく必要はあります。

 

一方のノコギリヤシでは重篤な副作用の報告はありませんが、体質との相性が合わなかったといった体験談が見られます。

このような場合無理は禁物ですが、ノコギリヤシサプリの服用量を減らしてみたら大丈夫だったという声もあるので、試してみるといいかもしれません。

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。