ノコギリヤシが天然のカテーテルと呼ばれる理由とは

2日本だけでなく海外でも、多くの方に愛用されているノコギリヤシ。

なかでも、長年ノコギリヤシ研究が重ねられてきたヨーロッパでは、ノコギリヤシをどのように捉えているのかを見てみましょう。

 

アメリカが「サプリ先進国」なら、ヨーロッパは「ハーブ先進国」といわれるほどハーブの研究・利用が盛んな地域です。

ノコギリヤシを含め様々な薬用ハーブの効果や効能を研究し、健康や不調の改善に役立てることが得意といえます。

「超臨界抽出法」を開発したインデナ社も、ヨーロッパに位置するイタリアの企業であり、この抽出法によりノコギリヤシの純粋なエキスがとり出せるようになっています。

 

フランス、イギリス、イタリア、ドイツ、ベルギー、ハンガリー、スウェーデンといった国々では、ノコギリヤシのその医学的効果を認め、医薬品として扱っています。

前立腺肥大といった泌尿器系の症状に対し、医師が病院でノコギリヤシを処方しているのです。

 

カテーテルのような働きをする天然成分

そんなノコギリヤシを、海外の医師らは「植物性カテーテル」「天然のカテーテル」と呼んでいます。

カテーテルとは、泌尿器系疾患の患者さんが尿の出が悪くなったときに、排尿のために体に挿入する医療用の管を指します。

 

ノコギリヤシのエキスは、テストステロンをDHTへと換えてしまう5-αリダクターゼの働きを阻害する作用によって、前立腺が肥大して尿道を圧迫してしまうのを防ぎます。

こうして健康的な排尿を促す働きが、まるでカテーテルのようだ、と言われているのです。

 

この効能も大事ですが、「天然の」という点も重要です。

化学的に合成された医薬品でも前立腺肥大を改善する成分はありますが、化学成分の副作用リスクには十分な注意が必要となります。

これに対しノコギリヤシは、ヤシ科の植物の果実から抽出される自然由来のもので、重篤な副作用の報告はなくリスクはかなり低いと言えます。

 

先に挙げたヨーロッパの国々の医師は、このような安全性を考慮して、泌尿器系疾患への処方において好んでノコギリヤシを用いているといいます。

日本では、その効果をサプリメントとしてぜひ役立てたいものです。

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。