現代はノコギリヤシの必要性が増している?

5ノコギリヤシの力が必要とされる前立腺肥大の症状には、実は現代病としての側面があります。

現代では40代以降に何らかの肥大症状を認める方が増え始め、80歳男性では実に9割の方が罹患していると言われるほどポピュラーな症状です。

 

しかし日本においては、昭和30年頃までは前立腺肥大ではなく、逆に前立腺萎縮になる男性が多かったのだそうです。

男性ホルモン・テストステロンの分泌量が減少するとともに、前立腺も自然と委縮していくのが普通でした。

 

これが現代では、逆に年齢とともに肥大する方向に変わっているというのは、やはり生活スタイルや食事の変化などが影響していると考えられます。

原因はハッキリ解明されているわけではないものの、長時間のデスクワークや自転車の運転で前立腺への刺激が増加したり、ストレスの増加、アルコールや喫煙の習慣、肥満や高血圧などの影響が予想されます。

こういった要因をできるだけ減らすことが、前立腺肥大の予防・対策として、ノコギリヤシを飲む以外に心がけられること、とも言えます。

 

古来から注目されてきた側面も

日本ではこのような歴史がありますが、世界に目を向けてみると、昔から前立腺肥大で悩む男性は少なくなかったようです。

実に数千年前のエジプトやアラビアの医学書にも、男性の病気として前立腺肥大に該当する記述があり、1900年代ではノコギリヤシ原産地のインディアンたちが、泌尿器系の民間薬として利用していたことが分かっています。

 

また18世紀頃に海外で使用されていた杖を見てみると、なんと杖のなかにゴム製の管が仕込まれているものがあり、これは前立腺肥大症の方が排尿困難になった時、自分で尿を出すための道具として使用されていたといいます。

 

ヨーロッパ各国でメディカルハーブとしてのノコギリヤシの研究が進み、現代では処方薬として扱う国があることもまた、前立腺肥大症が注目されてきた歴史を表しています。

日本でも、今後さらにノコギリヤシへの注目が高まり、需要が増していくのではないでしょうか。

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。