摂取量って気になりますよね?

06ノコギリヤシは天然成分なので、安心して服用することが出来、臨床実験の結果でも、危険性の高い副作用は確認されていません。

ただ、やはり過剰摂取すると下痢、頭痛などの症状が現れることもあるので、適切な摂取量を守ることです。

はっきりした摂取量の目安は定められていませんが、一般的に、1日大体200~320mgの摂取がよいとされています。

まずは少ない摂取量から初めて、問題ないようなら、少しずつ摂取量を増やすと良いでしょう。

 

「40代に入り、生活習慣病や頭皮が気になり始めたのですが、そんな時に妻がノコギリヤシのサプリメントを薦めてくれました。摂取し始めてから1ヶ月ぐらいで、疲れにくくなった自分の体の異変に気づきはじめました。栄養ドリンクを飲まなくても、ノコギリヤシのおかげで疲れにくい体になる事ができました。」

 

「仕事によるストレスもあり、頻尿に悩まされていたのですが、ノコギリヤシを朝晩各1錠というように、分けて飲むことで、かなり良くなりました。ノコギリヤシを飲む場合は、朝晩各1錠というように、分けて飲むことをお勧めします。」

 

「1日2粒を飲み始めて一週間経ち、なんとなく残尿感が前より減ってきた気がします。7日間お飲みいただいて問題なければ、飲む量を1日5粒に増やしてお飲み下さい、と書いてあったので、2粒と3粒に2回に分けて飲むことにしました。4日目あたりから、明らかに頻尿の回数が減ってきたのを感じました。」

 

こうした声を聞いてみるとサプリメントの場合、一日2錠くらいが良いようですね。

成果を実感するには個人差がありますが、すぐに実感を得たいという考えで過剰摂取するのは良くありませんので、サプリメントは薬ではありませんから、継続して飲み続けることで変化が期待されるでしょう。

 

ノコギリヤシの摂取量は、男女間の違いも考慮

 

日本ではサプリメントといった健康食品として浸透しているノコギリヤシ。

ヨーロッパでは医薬品といった存在として見られています。

お国によって、ノコギリヤシへの対応が違うのですね。

 

ノコギリヤシの1日の摂取量は1日あたり200~320mgとなっています。

これは厚生労働省が取り決めた目安量というわけではないのですが、一般的にはこれくらいなら大丈夫と言われている目安です。

ですが、男女間での違いは考慮したほうが安心。

女性の場合、男性より体格が小柄ですので摂取量よりかは少なめに設定したほうがいいのかもしれません。

 

また、ノコギリヤシと一緒に亜鉛も摂取するのがおすすめ

亜鉛はミネラルの中でもさまざまな効果をもつ栄養素であり、活性型男性ホルモンの働きを抑制する働きがあります。

ホルモンバランスを正常化させる作用もあるので、女性だけでなく男性も一緒に摂取したほうがいいといえるでしょう。

その際の亜鉛の摂取量としては、15mg程を目安とするといいです。

 

摂取するのであれば、少しでも効率的な効果を期待したいもの。

その為にも、亜鉛との組み合わせを考えてみてもいいですね。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。