前立腺肥大について知ろう

気になる費用について

01人間も年を取ってくると、ロボットと同じくあちこちにガタが生じてきます。
免疫機能が徐々に低下していき、ホルモンのバランスも崩れていきます。
特に女性の場合、それを更年期障害と呼び、精神的にも辛い症状をきたしてしまいます。

 

男性の更年期障害とも呼ばれる前立腺肥大は、主に50代以降に頻発し、頻尿や残尿感、尿が切れないなどの排尿障害を引き起こします。
希に30代でも前立腺肥大の症状を発症する場合もあります。

 

その原因は加齢によりホルモンバランスが崩れるからと言われていますが、バランスの悪い食生活やアルコールなどの刺激物、そして運動不足などの生活習慣も影響すると考えられています。

 

多くの人が前立腺肥大の悩みを抱えていますが、初期症状も比較的軽いものが多い為、積極的に治療を受けている人は少ないようです。
治療法としてはホルモン剤、漢方薬、α遮断薬などの投与や、外科的な手術、レーザー治療など様々な選択肢があります。

 

気になる費用ですが、その治療内容によっても幅があるようです。
末期の症状が出るまで、治療をしない人も少なくなく、その場合は前立腺切除術など入院を伴う治療が必要になり、経済的にも大きな出費になってしまいます。

 

年齢を重ねるに連れて発症率が高くなるため、高齢者にとって治療費用は中々頭の痛い悩みになってきます。
しかし放っておくと、自力で排尿もできず、腎臓などの臓器にもダメージを与える結果になってしまいます。

 

費用を抑える方法として、治験と言う選択肢も考えられます。
所謂新薬で治療をすることができ、治療代や薬代などは製薬会社負担になるので、自己負担金はかかりません。
更に治験協力費と呼ばれる負担軽減費も支給されます。

 

なかなか手が出しにくい治療法かもしれませんが、治療費の負担なしで、最新の治療を受けれる為、頭の片隅に治験という選択肢もおいて置くといいでしょう。
また欧米の諸各国で前立腺肥大の医薬品として承認されているノコギリヤシを服用するのもいいでしょう。

 

日本では民間療法の一つですが、医学的なデーターでも成果は認められており、日本ではサプリとして簡単に購入することができます。
経済的に見ても、負担額は病院での診察、治療より随分と安価な為、簡単で続けやすいと言えるでしょう。


変わってきている、前立腺肥大症治療における費用

 

まだ、その前立腺肥大の症状がそこまで重症化しているわけでもなく、また病院にかかるまでもない程度であればノコギリヤシの活用も十分有効なものとなります。

が、これが本格的な治療…アルファ・ブロッカーといった薬の服用や、手術や導尿による治療などをおこなわなければいけなくなった場合では、医師に相談してから続けるようにしなければいけません。

 

そんな前立腺肥大における手術技術は年々向上しており、費用についても進歩がみられるようになってきました。

2005年から日本でも取り入れられ始めた、前立腺肥大症に対するレーザー手術(PVP)が、2011年7月より保険に適応した費用として受け入れられるようになったのです。

それまでは60万円以上の費用となっていたのですから、患者さんにとっては助かる改善です。

 

今回、保険認可されたレーザーは「LBOレーザー」と呼ばれるもので、KTPレーザーを改良したものです。

安全で効果的な手術方法として知られています。

しかも、手術をするのには高いリスクが伴う患者さんなどにも、この手術方法であればできるとされているのです。

今後も、このLBOレーザーのように、前立腺肥大症に対する治療法が、保険診療として認可されるようになるといいですね。

 

 

前立腺炎との違いとは?

7af60530d543237dde3140023e2d614c_s年齢を重ねてきた中高年に多く見られる病気の一つとして、前立腺肥大が挙げられます。
特に50代以降に頻発し、80代になると殆どの人々が羅患していると言われています。
主な症状は尿が切れる、残尿感が残るなどといった排尿障害や排尿後症状が自覚症状として現れます。
しかしこれらの症状自体、ただの老化現象として囚われがちになる為、症状が重くなってから、病院へと赴く人の割合が非常に多いのです。

 

悪性ではない為、命の危険性はありませんが、排尿行為は毎日のことなので、できるだけ早い治療が望まれます。
一般的に中高年に多く見られる前立腺肥大ですが、30代などの若者にも割合は少ないものの見受けられます。
逆に20代での発症はほぼ確認されていません。

 

30代の若者でも羅患する可能性がある前立腺肥大ですが、しばしば前立腺炎と混同されてしまいます。
前立腺炎は急性と慢性に分かれており、前者は主に細菌感染で前立腺の肥大が見られます。
慢性の前立腺炎は現代病とも言われており、長時間のデスクワークや車や自転車の運転で、前立腺が外部から刺激されることが一因として挙げられます。
その他にもストレスや飲酒などの要素も、前立腺炎を悪化させる要因として知られています。

 

前立腺肥大も前立腺炎も排尿時の違和感や、血尿などが見られることが共通していますが、デリケートな場所の為、病院にも行きにくいという現実もあります。
しかし腎臓にも負担をかけてしまうため、早めの治療が望まれます。
そこでお勧めなのが、ノコギリヤシです。
日本ではまだ医薬品として認められていませんが、諸外国では泌尿器関係の病気の医薬品として承認されている有効成分です。
日本ではドラッグストアーなどでサプリとして購入可能なため、経済的にも続けやすく、実感も十分期待できる優秀なアイテムとして知られています。

 

前立腺肥大や慢性前立腺炎でお悩みの人にとっては、低価格でトラブルを和らげるのを狙える為、試してみる価値はあるでしょう。
医薬品ではないので、即効性はありませんが、処方薬で成果が得られなかった人にもお勧めです。
何よりお財布に優しいので、「ちょっと最近トイレが近いかも。」なんて思っている人には、もってこいの成分と言えるでしょう。

 

前立腺肥大と前立腺炎におすすめの食材

 

前立腺肥大と前立腺炎は似たような言葉から混合してしまいがちですが、その症状などはちょっと異なるものとなっています。

前立腺肥大は加齢によってひどくなりがちで、合併症にならないように注意しなければいけません。

また前立腺炎は、前立腺肥大を発症している人は合併症として発症してしまう事もある症状で、若い人にも発症する可能性もある症状です。

 

前立腺肥大と前立腺炎にはノコギリヤシが有効なのは一緒なのですが、その他の注意したい食品は異なるものとなります。

前立腺肥大には男性ホルモンの代謝に欠かせない亜鉛が必須

亜鉛との結びつきが減るからこそ、前立腺肥大がひどくなっていくともいえるのですから、亜鉛をたっぷりと含む牡蠣や牛もも肉、レバー、ウナギなどを十分に食べるようにしたいもの。

また、水分が多く利尿作用があるといわれている冬瓜やスイカなどを摂取することも良いと言われています。

他にも、カリウムをたっぷりと含むトマトや柿、アボガドもおすすめです。

 

前立腺炎には、炎症を抑えるIPA(イコサペンタエン酸)食品が有効。

亜鉛やカリウムにプラスして、IPA食品であるハマチやキンキ、イワシ、サバといった青魚と呼ばれる魚を積極的に摂取するようにするといいそうです。

 

禁忌とは・・・?

03前立腺肥大で悩んでいる人にとっては、毎日の排尿行為はとても億劫なものです。
特に知識のない人にとっては、ただの気のせいとか、年のせいにしてしまいがち。
初期症状が気付きにくい為、多くの人が重度の前立腺肥大になってから病院に駆け込んでいるパターンが目立っています。

    

前立腺が肥大する原因の一つとして挙げられるのが、加齢による老化現象です。
年齢を重ねるに連れ、ホルモンバランスが崩れます。
その結果男性ホルモンが過多になったり、または著しく少なくなったりしてしまいます。

    

しかし最近では食生活や運動不足などの生活習慣との関連性も指摘されており、野菜など取り入れた健康的な食事、そして適度な運動が効果的だと言われています。
激しい運動ではなく、マラソンやジョギングなどの有酸素運動が有効とされています。

    

さて中高年の多くの人が羅患していると言われていますが、私達の生活の必需品である薬には注意を払う必要があります。
特定の病気を持っている人は、禁忌と呼ばれる、病状を悪化させる薬や術式に常に注意しなければなりません。

医薬品に関する知識がない人は、自覚症状を認識しないうちに、禁忌の医薬品等を服薬している場合があります。
前立腺肥大は所謂抗コリン、抗ヒスタミン薬が禁忌として広く知られています。
抗コリン薬は尿道を狭め、排尿障害を著しく低下させる恐れがある為です。
多くのアレルギー薬や風邪薬にもこれらの成分が含まれている為、風邪を引いた場合は安易に感冒薬を服用せず、医師の判断を仰ぐようにしましょう。

また最近は中高年の方も、抗欝薬を服薬している人も多いと思いますが、薬の種類によっては上昇したノルアドレナリンが、尿道に作用し排尿困難の症状を生んでしまう恐れがあります。

    

このように前立腺肥大には、多くの禁忌が存在しています。
感冒薬や鎮痛剤は私達の生活の必需品となっている為、「ちょっと、残尿感が残るな。」など感じてきたら、医薬品を服薬する際は、必ず医師の診察を受けてからにしましょう。

 

前立腺肥大にはノコギリヤシと呼ばれる成分の実感が期待できるということが分かっています。
ノコギリヤシの成分を含むサプリはドラッグストアでも購入できるので、前立腺肥大予防の為に一度トライしてみるのもいいでしょう。

    

前立腺肥大にとって禁忌となる薬の成分は?

 

前立腺肥大は、肥大してしまった前立腺が尿道を圧迫することで、尿がスムーズに排出されなくなる病気です。

加齢に伴ってその症状がみられるようになってくるので、予防の意味合いも込めて早いうちからノコギリヤシを生活に取り入れておくといいですね。

 

気を付けたいのが、前立腺肥大が進行し薬を服用しなければいけなくなったときです。

前立腺肥大だけであればまだしも、年をとると他の病気も発症しやすくなります。

その際に、薬の飲み合わせで気を付けなくてはいけないもの…つまりは禁忌となる薬も出てくるのです。

前立腺肥大に関係する薬を服用している場合であれば、抗コリン作用を持つ薬は禁忌。

それというのも、抗コリン薬には膀胱の排出力を弱めてしまうとともに、尿道を細く収縮し、尿の出を悪くするといった作用排尿障害を起こす可能性があるからです。

これは、病院から処方される薬だけでなく、市販されている薬にもこの成分が配合されていることがありますので、前立腺肥大の薬を服用している人は気を付けなくてはいけません。

 

例えば、循環器官用薬の低血圧治療薬に使用されるリズミックや、感冒薬(抗ヒスタミン薬)のPL顆粒、アレルギー用薬(抗ヒスタミン薬)のポララミン・ペリアクチン・ゼスラン・セレスタミンなど…意外と身近で多くの薬に禁忌となる成分が配合されているのですから、必ず薬剤師さんに相談してから服用するのがいいでしょう。

 

5αリダクターゼと呼ばれる酵素が原因!?

04高齢化社会を迎えた日本には、65歳以上の高齢者が約3100万人以上いると言う統計結果が出ています。
この数字は日本人の四人に一人が、65歳以上と言うことを表しています。
その結果日本人の中高年が羅患する前立腺肥大の率も、必然的に高いと言わざるを得ないのです。

    

前立腺肥大は年齢を重ねるに連れ、その羅患率も上がって行きます。
特に80代では90%以上の人が、前立腺肥大による排尿障害等に悩まされています。
しかし直接死に結びつく病気ではない為、ただの加齢による老化現象の一つとして放置している人が非常に多いのです。

    

確かに悪性の腫瘍ではないのですが、前立腺ガンとの関連性も指摘されており、初期症状も見落としがちになる為、発見が遅れることもよく見られます。
老化による性ホルモンのバランスが崩れることで生じる病気と言われていますが、生活習慣や運動不足などの関連性も指摘されています。

    

前立腺肥大の要因となる詳しいメカニズムは未だに分かっていないことも多いのですが、5αリダクターゼと呼ばれる酵素が関与していることが判明しています。
この5αリダクターゼは別名5α還元酵素とも呼ばれており、男性の抜け毛にも関係している酵素なのです。

    

男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼと結びつくことで、ジヒドロテストステロンと呼ばれる物質に変化します。
ジヒドロテストステロンは前立腺肥大を引き起こすだけでなく、精力減退や抜け毛にも関与しています。

    

つまり5αリダクターゼをいかに遮断するかが、前立腺肥大の治療に大きな鍵となってくるのです。
医薬品を投与することで、この酵素を阻害することもできますが、かえってホルモンのバランスを崩してしまい、性欲減退などの症状を引き起こしてしまう恐れがあります。

    

日本ではまだ承認されていませんが、ノコギリヤシと呼ばれる成分は、過剰に分泌された5αリダクターゼのみを遮断する役割があります。
お馴染みの成分ですが、前立腺肥大だけでなく、抜け毛にも成果が望めるため、非常に優秀なサプリとして認識されています。
欧米では医薬品として認められているノコギリヤシは、今ではコンビニやドラッグストアーでも購入できるので、悩んでいる人は一度手に取ってみるのもいいでしょう。

    

前立腺肥大とAGAは同じ薬?

 

前立腺肥大だけでなく、薄毛治療でもよく耳にすることが多い5αリダクターゼ。

AGAでも5αリダクターゼをどれだけ制御できるかが大きな課題となっているわけですが、ここでもノコギリヤシが注目されています。

また、5αリダクターゼの制御に亜鉛の摂取も推奨されています

 

とはいえ、AGAがあまりにも進行してしまった場合では、どうしても専門の薬を使っての治療が必須となります。

その代表的な薬となるのが、フィナステリドとミノキシジルです。

特に前者は、プロペシアという薬として服用して使われています。

 

ちなみに、このフィナステリドは、もともとは前立腺肥大の治療薬として開発された薬でした。

それが、服用している患者さんから薄毛の改善効果が報告されるようになり…いつしか、AGA治療の薬として使われるようになったのです。

1992年に前立腺肥大の治療薬「プロスカー」として認可されたのですが、1997年には男性型脱毛症の治療薬として認可

それは瞬く間に広がり、2006年には世界60か国で使用・承認されるまでになっています。

日本では、2005年に厚生労働省により認可を受け、発売されるようになりました。

AGAの定番薬が、もともとは前立腺肥大の薬だったとは…ちょっと驚く繋がりですね。

 

どのような予防法があるの?

05前立腺肥大は主に中高年の男性に頻発する病気ですが、早い人だと30代で肥大が目立ってくる人もいるようです。
生活スタイルの変化や運動不足などといった、毎日の生活習慣が関係している病気と言われ、もはや加齢による老化現象だけが原因とは言えなくなってきています。

   

悪性の腫瘍ではない為、直接命の危険に晒されることはありませんが、それでも毎日の排尿行為に支障をきたすことは避けられません。
その度合いによっては、レーザー治療や外科的な手術等も必要になってきます。

    

自覚症状も少ないため、発見が遅れることも多いので、いかに毎日の生活の中で予防策を興じるかが大切になってきます。
前立腺肥大の発症のメカニズムは、未だにはっきり分かっていませんが、日々の生活習慣を見直すことで、予防をすることができるのです。

    

予防と言っても、本当に特別なことをする必要などありません。
まずは毎日の食生活を見直し、動物性蛋白質過多にならないようにしましょう。
そして辛いものや、アルコールなどの所謂刺激物を避けることです。
これらは血流を促し、前立腺を充血させる原因になってくるからです。

    

また便秘体質の人も要注意です。
排出されない便は尿道を圧迫し、前立腺肥大の原因を作ってしまいます。
毎日の快便を目指すためにも、野菜など食物繊維が多く含まれている食事を取り入れましょう。

    

仕事中に同じ姿勢で長時間座り続けるのも、前立腺を圧迫する為、ドーナツ型の座布団などを活用しましょう。
そして一番大切になってくることは、トイレを我慢しないことです。
排尿を限界まで我慢する人も見受けられますが、膀胱だけでなく腎臓などの臓器にもダメージを与える恐れがあるからです。

    

このように私達の毎日の生活を健康に過ごし、工夫を加えることで、前立腺肥大を予防できるのです。
「最近ちょっと頻尿気味かも・・・」と心当たりがある人もいるかもしれません。
そんな人にはノコギリヤシのサプリをお勧めします。
ノコギリヤシは前立腺肥大の原因になる酵素5αリダクターゼの分泌を整える為、前立腺肥大のコンディションだけではなく、予防にも成果が期待できます。
欧米では効果の高い医薬品として認められている為、安心して飲むことができます。
ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

 

前立腺肥大は予防策が大事

 

前立腺肥大を予防するには、まずその症状を知っておかないといけません。

ちょっとでも当てはまるような事があれば、疑ってかかるのが前立腺肥大の早期発見につながるのです。

重大な症状になってから初めて気がつくようでは、予防どころか改善も難しくなってしまうのですから…。

 

○初期症状

トイレに行く回数が増え、夜間に尿意を感じて何回も起きる。

これまでと比べて、尿がでるまで時間がかかる。

 

○中期症状

スムーズな排尿が難しく、尿を出した後も残尿感がありスッキリしない。

花粉症の時、または風邪薬を服用した時に一時的に尿ができなくなる。

 

○末期症状

排尿量が極端に減り、尿を出したいのに出すことができない。

無意識に尿漏れや失禁などをしてしまう。

 

こうした症状がみられるようになったら要注意です。

前立腺肥大は、前立腺が肥大して尿道を圧迫してしまうことにより起こる症状です。

この圧迫感が強ければ強いほど、尿道が狭くなって尿がスムーズに排出できなくなってしまうのです。

 

最悪、尿道が完全に閉じてしまう事もあるのですから、そうなると命にも関わる事になります。

前立腺が肥大しすぎないように、早めに予防策をとっておくのが一番。

ノコギリヤシで若い時から予防しておきたいですね。

 

自覚症状とはどんなもの?

06戦後以降私達日本人の生活習慣は、がらりと変貌を遂げたのです。
思想だけでなく様々な欧米文化が日本に流れ込んだ結果、欧米色の強い生活スタイルを送るようになりました。
特に食生活の欧米化は顕著で、その結果日本人の体質自体も変わってきたようです。

    

今まで見られなかったような生活習慣病、加齢臭なども、欧米スタイルの食が生んだ賜物とも言われています。
中高年に頻発する前立腺肥大も例外ではなく、食生活を含む生活スタイルがトリガーになると言う研究結果が出ています。

    

主な原因として最も疑われているのが、加齢によりホルモンバランスが崩れる為だと言われています。
もっとも、前立腺肥大のメカニズムはまだはっきりしていない部分も多いようです。
前立腺ガンとの関連性も疑われており、決して安心はできない病気なのです。

    

命に関わるような深刻な病気と認識されていない為、ただの加齢による結果と思い過ごしてしまう場合が大変多いのが特徴です。
気になる前立腺肥大の自覚症状は、3つの段階に分かれています。

    

一番最初の自覚症状としては、排尿困難などの排尿障害です。
特に尿のキレが悪かったり、排尿の最中に尿が途切れたりする症状です。
尿が細くなることで、トイレの回数も増え、夜中に何度もトイレに行くなどの症状はまず前立腺肥大を疑いましょう。

    

第二段階として排尿後症状があります。
トイレに行ったあとも残尿感が残り、違和感を感じるようになります。
ひどくなると下着が尿で汚れてしまうこともしばしば見られます。

    

第三段階は、肥大が酷くなり尿道を圧迫し始め、排尿が困難になります。
尿の出が極端に悪くなります。
残尿感どころではなく、就寝中に無意識に排尿してしまうなどの症状にも見舞われてしまうのです。
ここまで放置すると、他の病気との関連性も疑われるため、速やかに専門医の診察を受ける必要があります。

自覚症状として初期に気づくことは、難しいかもしれません。 
しかし50代以降に頻発する病気の為、少しでも違和感を感じたら、早めに治療を開始しましょう。

    

日本では医薬品として承認されていませんが、ノコギリヤシは欧米では前立腺肥大の治療薬として大活躍をしている成分です。
ドラッグストアーで気軽に購入できるので、頻尿気味になってきたら、ノコギリヤシを服用しながら様子を見てみるのもいいでしょう。

 

前立腺肥大の自覚症状を感じたら…

 

前立腺肥大の自覚症状とも思われるような事を感じたら、病院で検査を受けてみるといいです。

とはいえ、常に「もしかして、前立腺肥大の自覚症状じゃ…」なんて不安になっているのも疲れてしまいますから、定期的に健康診断を受けるようにしておくのが一番良い方法と言えます。

 

50歳以上で自覚症状を感じたならば、前立腺がんでないかどうかの除外診断も受けるようにします。

診断方法としては、血液中の前立腺腫瘍マーカー(PSA)の値を測定することはもちろん、直接、肛門から指を入れて前立腺を触診することで判断することもあります。

 

前立腺肥大かどうかを調べるにあたっては、健康状態を調べるのはもちろん、尿検査と腎機能検査をおこないます。

脳梗塞や出血、脊髄疾患や糖尿病など…合併症やこれまでこうした病気の診断の有無、薬を服用していて起こる副作用的な排尿障害の可能性の有無を確認するのです。

 

検査によって、前立腺肥大がどれだけ進行しているのか点数化します。

自覚症状一つ一つがそれぞれ0~5点の6段階評価であらわされるものとなります。

また、日常生活で困っているかどうかを点数化するQOLスコア、排尿時の尿線の勢いを調べる最大尿流量率などからも診断。

これらを総合的に見て、前立腺肥大の有無とその程度を診断するのです。

 

前立腺肥大の原因は?

07夜中に何度もトイレに起きてしまう、途中で尿が途切れてしまう・・・
そんな経験がある方も多いのではないでしょうか。
これらの排尿障害は、主に前立腺肥大が原因となっています。
直腸と恥骨の間に位置する前立腺が、年齢とともに肥大していき尿道が圧迫されて様々な排尿障害を起こす病気です。

    

主に50代以降の中高年に頻発し、70代ではほぼ殆どの人が羅患しているとも言われています。
毎日の排尿行為だけでなく、性機能にも影響を及ぼします。
更には前立腺ガンと共存する場合もある為、酷くなる前に何かしらの治療を開始する必要性があります。

    

前立腺肥大と言っても個人差がかなり広く、治療が必要のないケースから、外科的手術を必要とする場合に分かれます。

生死に関わる悪性の腫瘍ではありませんが、その原因としては加齢現象が挙げられます。
年齢を重ねるにつれて性ホルモンのバランスが崩れ、前立腺が肥大する要因になっていくようです。
今のところ詳しい原因となるメカニズムは、現代の医学でもまだわかっていません。

    

しかし我々日本人の食生活が、前立腺肥大にも関係していると言われています。
日本古来の野菜や魚を中心とした和食から、欧米オーガナイズされた食生活の変貌は、健康を損なうだけでなく、前立腺肥大をも促してしまいます。
また香辛料やコーヒー、アルコールなどの刺激物は、前立腺を充血させる原因にもなってくる為、摂取する際は注意する必要があります。

   

またオフィスワークをしている方は、長時間座り続けて仕事をすることで、前立腺に刺激を与えてしまいます。
いくら年齢が若いと言っても、慢性前立腺炎になる危険もあるので、適度に体を動かすなど仕事をする際も工夫をしていきましょう。

    

このように前立腺肥大には様々な原因が考えられます。
ホルモンバランス以外の問題点は、自身の意思次第で解決することができます。
病気予防と健康維持を意識して、まずは規則正しい食生活を心がけましょう。
また排尿時に違和感を感じた場合、ノコギリヤシのサプリを試してみるといいでしょう。
日本では医薬品として認められていませんが、欧米では前立腺肥大治療の医薬品として承認されており、成果も期待できるでしょう。
それでも実感を得られない場合は、一度泌尿器科を受診してみましょう。

 

前立腺肥大の原因は、生活の中にある?

 

前立腺肥大における治療としては、経過観察、薬物治療、外科的治療の3つとなります。

また、原因を探りそれらを改善していくようにしなければいけません。

原因の解消なく、前立腺肥大の改善はないのです。

 

前立腺肥大の原因は、生活習慣にあることが多いです。

ですから、まずは生活習慣の見直しが大事。

以下の事などはその代表例になります。

 

○前立腺肥大になるとトイレの回数が増えますが、面倒がらずに我慢しないできちんと排尿する

 

○血行不良が原因で前立腺肥大を発症させることもあるので、下半身を中心に冷やさないようにする。

 

○頻尿になると水分摂取を制限してしまいがちですが、それでは逆効果。日中の水分補給はきちんとおこない、就寝前の水分補給を控えるようにします。

 

○便秘は排尿も困難にしますので、食物繊維たっぷりの食事を心がけます

 

○アルコールには利尿作用があると同時に、膀胱に負担をかけて排尿を困難にすることも。禁酒するのが一番です。

 

○運動不足は前立腺肥大の原因となりますので、日常生活に支障が出ない範囲で、適度に運動を取りいれるようにします。特に長時間座りっぱなしの人は注意が必要です。

 

前立腺肥大を改善するには、医師による治療だけでなく、生活習慣の改善も大事です。

上記の事に注意しながら治療をおこなっていきましょう。

 

性機能と前立腺肥大の関連性について

08年齢を重ねるにつれ排尿で悩む男性の割合が多くなってきます。
排尿行為の困難が生じる病気は前立腺肥大と呼ばれ、50代から急激に増加します。
毎日の生理現象であるが故、なかなか尿が切れなかったり、深夜に頻尿が続いたりする場合は、かなり切実な問題にもなっていきます。

 

原因は性ホルモンのバランスが崩れることに起因しているようですが、明確な原因は未だに掴めていません。
日本人の食生活の欧米化や生活習慣との関連性、そして性生活が活発な男性に好発するとも指摘されています。

 

男性にとって、前立腺肥大であろうと無かろうと気になるのが性機能との関連性についてです。
場所が場所なだけに、なかなか専門医にも相談しにくい為、多くの男性から相談の便りを頂きます。

 

結論から言うと前立腺肥大になると、性機能は低下することが分かっています。
前立腺が肥大することで、前立腺液の分泌も抑制されます。
そして射精の際に痛みが走ったり、精液の量や濃度も薄くなります。
希に血液が混ざることもあるようです。

 

更に前立腺肥大はEDを引き起こすトリガーにもなり得るのです。
即ち前立腺肥大は男性の性機能に非常に深く関与しており、迅速で適切な治療が望まれています。
治療としては薬物治療やレーザーなどが主になりますが、症状も人によって違うため、気になる場合はいち早く専門家の診察を受けましょう。

 

男性にとって、性機能は失いたくないものです。
勃起障害や射精障害など様々な性機能障害が考えられますが、まずは自分の症状をきちんと把握し、専門医による適した治療を受けることが、一番大切になってくるでしょう。

 

昨今の医学は非常に発達していますが、外国で承認されている医薬品が、日本では認められていないケースも目立ちます。
欧米では医薬品として認められているノコギリヤシは、各国で前立腺肥大の薬として服用されています。

 

日本では民間治療薬の域を越えていませんが、それでも十分に成果が期待できます。
気軽にドラックストアでも購入できるため、医師の判断を仰ぐ前にノコギリヤシを試してみてはいかがでしょうか?

 

前立腺肥大の発症が性機能にも影響を及ぼす

 

前立腺肥大は多くの人が発症する症状であり、50歳以上の人では5人に1人はいるといわれているほどです。

そして、前立腺肥大と性機能障害は、実は切っても切れないほど密接な関係。

前立腺肥大を発症したことにより性機能に異変を感じ取るのは、大体60歳頃からと言われています。

 

とはいえ、前立腺肥大を発症したからといって、必ずしも性機能において障害を引き起こすことになるといったことはなく、大体3割程度の人が発症しているものとなっています。

前立腺肥大によって性機能の異変、つまりはEDや勃起不全などは、排尿障害による自律神経への悪影響から発生するものと考えられています。

二次的な合併症ともいえるのです。

 

さらにある研究では、年齢的に性機能における障害が発生してしまう確率を調べたところ、60歳で30%、70歳で50%以上といった結果がでたそうです。

年齢が上がるにつれて、性機能における障害が出やすくなってしまっているのです。

そこには、ただ単に加齢によるものだけでなく男性ホルモンの存在も挙げられるものとなっています。

 

このことからも、前立腺肥大は50歳前後の中年と呼ばれる年齢に達することでその発症確率が上がり、それにともなって男性ホルモンの減少なども関係してくることからも性機能さえも低下してくると意識しておくことが大事と言えます。

 

天然成分で治療ができちゃう!?

09「なんだか最近尿にキレが悪いなあ。」そんな風に思う方も多いのではないでしょうか?
単なる気のせい、もしくは年のせいにしていませんか?
30代からも始まる前立腺肥大は、年齢が上がるにつれ、その割合も確実に上昇します。
50代で30%、60代で60%にもなり、80を超えると90%の人に見られるようになるのです。

 

そもそも前立腺肥大と排尿障害には、どんな因果関係があるのでしょうか?
まだまだ医学的に確証されていないことも多いですが、原因としては加齢による性ホルモンの不均衡が挙げられます。
前立腺が肥大することによって頻尿になることが多く、更には排尿困難をきたしたり、残尿感に襲われたりする症状です。

 

特に強い自覚症状はない為、重症になってから泌尿器科のクリニックに駆け込む人も多いようです。
主な治療法はホルモン剤や漢方薬の内服治療やレーザーなどです。
個々人によって多岐にわたる治療法が用意されていますが、特にオススメなのがノコギリヤシによる民間療法です。

 

日本ではノコギリヤシは医薬品として承認されていませんが、欧州各国では前立腺肥大の第一治療薬としてノコギリヤシが使われています。
米国で主に自生しているヤシ科のノコギリヤシは、以前にも利尿剤として使われてきました。

 

前立腺肥大はテストステロンが5-αリクターゼと呼ばれる酵素によって、ジヒドロテストステロンに変化し、前立腺を刺激することが原因になります。
ノコギリヤシに含まれるモアーテルターゼと呼ばれる酵素は、5—αリクターゼの成分を整え、効率的に前立腺肥大を防ぐことができるのです。

 

ノコギリヤシは化学的に合成された成分ではない為、安心して服用できます。
排尿時に違和感を感じたり、頻尿でお困りの方は一度試してみる価値があるでしょう。
ドラッグストアーでも購入でき、コストパフォーマンスもいいため、続けやすいのも魅力的です。

 

前立腺肥大には一日の目安摂取量が320-340gとなっています。
また超臨界法と呼ばれる抽出方法で生成されたノコギリヤシは、吸収率が高くなっているため、サプリ選びにも注意しましょう。
ノコギリヤシは薬ではない為即効性はありませんが、続けることでじわじわと成果を実感できることでしょう。

 

前立腺肥大の治療法は大きく分けて3種類

 

前立腺肥大による症状が進行してしまうと、ノコギリヤシの摂取だけでは無理な場合もあります。

その場合の主な治療法としては、症状の状態に応じて薬物・手術・保存といった措置を取る事となります。

 

薬物治療では、α1アドレナリン受容体遮断薬(α1受容体遮断薬、アルファーワンブロッカー)や5α還元酵素阻害薬、抗アンドロゲン薬、PDE5(ホスホジエステラーゼ5)阻害薬、生薬・漢方薬などさまざま。

患者さんの状態に合わせて処方していく事になります。

 

薬物治療にておもうような効果が得られなかった場合は、手術治療となります。

前立腺肥大による手術では、経尿道的前立腺切除術・ホルミウムレーザー前立腺核出術・光選択的レーザー前立腺蒸散術・経尿道的マイクロ波高温度治療術・尿道ステントとあります。

数年前までは尿道から内視鏡を挿入しておこなう手術が一般的だったのですが、最近ではレーザーを使った内視鏡手術もおこなわれるようになっています

 

そして保存治療とは、生活指導や経過観察、健康食品による治療をいいます。

これにはノコギリヤシも含まれるものとなっています。

特に生活指導は前立腺肥大による症状を緩和させることに大きく役立つものとなっています。

 

なりやすい人とは、どのような人?

10前立腺肥大は50歳を過ぎてからなりやすいと言われていますが、すべての人がなるわけではありません。

治療を必要する人は全体の4分の1くらいと言われています。

 

なりやすい人は、アルコール、喫煙、性生活が関係してくるとも言われていますが、因果関係はまだはっきりしていません。

前立腺肥大は、日本人は世界的にみると比較的発症する人が少ないのですが、最近は欧米風発症する人が増え、やはり食生活の欧米化に伴い発症率が高くなる傾向のようです。

なりやすい人としては、野菜の摂取量が少なく肉食中心で、牛乳をよく飲む人に多いようです。

 

また、淋病、クラミジア、ヘルペスなど性病の既往歴がある人には発症例が多いようです。
他にも、1ヶ月以上の経験がない人(勃起不全)にも、発症者が多いようで、性的に精力旺盛だと前立腺肥大になる可能性が高いのかもしれません。

 

若い頃から男性ホルモンの分泌が多く、精力的なのが、前立腺肥大になりやすい人ともいわれ、若い頃に男性ホルモンの分泌が盛んだったのが、歳とともに分泌量が減ることでホルモンバランスが崩れ、これが前立腺肥大になりやすくなるというわけです。

 

これ以外にも、肥満、高血圧、高血糖および脂質異常症など、いわゆるメタボの場合、発症する率が高くなるようです。

少し意外ですが、高学歴で収入が高い人や、あまり社交的ではなく、孤独を好む人も前立腺肥大の人が多いとも言われています。

 

いくつかあてはまることがあれば、少しばかり注意がいるかも知れませんし、ノコギリヤシを飲みながら、生活環境の改善も行うことですね。

 

前立腺肥大になりやすい人ほど慎重に

 

前立腺肥大は特に加齢によって発症確率が高くなり、なりやすい人などは早い年齢からそれに当てはまるようになっていくでしょう。

前立腺肥大になりやすい人ほど、より慎重に対応していかないといけないのです。

前立腺肥大の発症確率を年齢でみて見ると、50歳を境に急増されるといわれていますが、なりやすい人では30歳代から発症する可能性があるというのですから油断は禁物です。

 

年齢的には、50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳で90%といった事がわかっています。

60歳には半数以上の人に前立腺肥大の症状がみられるというのですから、これは決して他人事とはいえない数字です。

ただ、発症したすべての人に対して治療が必要といったことはなく、治療が必要とされるのは4分の1程度となっています。

人は年を取るごとに体のどこかしらにガタがくるものであり、それが生活に大きく影響するようなものでなければ、年齢的なものとして治療するまでにならないといった部分もあるのですね。

 

この前立腺肥大は、加齢によって引き起こされる部分が大きいとされていますが、それは同時に他の疾患を引き起こす原因にもなりえます。

50歳を過ぎたら十分に気を付ける様にしましょう。

予防のために良い食べ物や、控えるべき物は?

01前立腺肥大を予防するのに、お酒を控えるのはもちろんですが、激辛食品も交感神経を刺激するので、できるだけ控えたほうが良いでしょう。

乳製品や動物性脂肪なども摂りすぎに注意することです。

 

また、前立腺と大腸とは近いところにあるので、野菜、イモ類など繊維質の多い食べ物を摂ることで、便秘を解消させることも前立腺肥大の予防になります。

排便の際、力むと交感神経が高ぶってしまうので、力まないで排便できるようにするためにも、便秘を解消させることです。

 

前立腺肥大の予防には和食が効果的だと言われます。

日常の食事も、和食中心に、魚介類や緑黄色野菜などの植物性の食べ物を多く摂るようにしましょう。

納豆、豆腐、豆乳、みそなど、イソフラボンを多く含む食品も前立腺肥大の予防・改善に貢献します。

 

そして亜鉛は、元来前立腺に多く含まれたミネラルで、テストステロンの正常な分泌を促進し、前立腺肥大を抑える効果があるので、ワカメ、昆布、海苔などの海藻類、牡蠣やレバー、ピーナッツなどのナッツ類、卵黄など、亜鉛を多く含んだ食べ物を摂ることです。

 

日常の食べ物に気を配ると同時に、十分に水分補給を行い、定期的にトイレに行くことも大切です。

尿の出が悪く、残尿感があるときは、スイカやキュウリなどのウリ類やナス等を摂取し、これらは利尿作用があるので効果的です。

また、ノコギリヤシも同時に摂取すると相乗効果となり成果が期待できるでしょう。

 

医者もびっくり!?食べ物で前立腺肥大が改善

 

前立腺肥大を発症してしまったら、いろいろと注意しなければいけない事がでできます。

食べ物もその一つで、動物性や脂肪やタンパク質の取りすぎには注意しなければいけません。

つまり、食べ物の欧米化が前立腺肥大を招いてしまっているのです。

日本人は昔から粗食とよばれる和食を中心とした食生活でした。

それが日本人の体質には合っているからです。

欧米食は欧米人の体質や気候に合わせて形成されてきたように、和食も日本人の体質と気候によって育まれてきたのです。

 

実際に、食生活を変えただけで前立腺肥大の症状が改善してきた!なんて話もちらほらと聞かれます。

ある方は、お米を玄米食にするようにし、慣れてくると胚芽米にアワやキビなども入れて食べていたそうです。

ご飯にはゴマをたっぷりとかけて、おかずは根菜類や海草、緑の濃い野菜を中心としたものにし、魚は骨ごと食べられるようにしていたそうです。

そうした食生活をしていると、病院での検査においても、これまで指摘されてきた箇所について何もいわれなくなってきたそうです。

お医者様もびっくりしていたのだとか。

 

前立腺肥大は医学の力だけでなく、食べ物によっても改善できる可能性というはあります。

それは、前立腺肥大以外の不調をも変えていきますので、治療と共に食事の改善も取り入れていくのがいいといえます。

 

早期発見が大事ですが、そのためには何をすればいい?

02前立腺肥大は、加齢とともにある程度避けられないものでもあります。

早期発見なら薬による治療などでかなり改善されるので、やはり早めに知ることですね。

 

早期発見のためには、通常の血液検査で行えるPSA(ピーエスエー)検査があります。
PSA(ピーエスエー)は、前立腺から作り出されるたんぱく質の一種で、加齢とともに正常値が高くなる傾向にあります。

前立腺肥大や炎症がある場合にもこの数値が高くなります。

 

PSA検査は、クリニックや病院でも手軽に受けられる検査で、最近は自治体のがん検診や人間ドックなどでも行われています。

早期発見のために、定期的にこの検査を受けると良いでしょう。

 

PSA値が基準値よりも高い場合、前立腺肥大や炎症、前立腺がんなどの疾患の疑いがあるので、泌尿器科で精密検査を受けることです。

精密検査は、PSAによる再検査や直腸診による検査が行われます。
直腸診は、肛門から指を挿入し直腸の壁越しに前立腺を触診し、前立腺肥大やしこりがないか検査します。
これ以外、超音波検査などで前立腺がんがないか調べることもあります。

 

前立腺肥大は良性の疾患であり、前立腺がんのように直ちに治療が必要になる、というものではありません。

早期発見で前立腺肥大と分かっても、特に排尿障害などの自覚障害がないのなら、経過観察となります。

これとともに、適切な治療方針を医師と相談して決めることになります。

早期発見なら、ノコギリヤシを併用することで、深刻な状態になるのも防げるかもしれませんね。

 

前立腺肥大の早期発見になるPSA検査

 

前立腺肥大の早期発見に役立つ検査として知られているのが、PSA検査です。

PSAとは、「Prostate Specific Antigen」つまりは「前立腺特異抗原」のこと。

前立腺から分泌される物質・セリンプロテアーゼ(セリン蛋白分解酵素)に分類される物質となっています。

 

PSAは、前立腺疾患由来の物質ではなく前立腺自体から分泌されますので、健康な人でも多少は血液中にあることとなります。

数値が高いほど前立腺肥大の可能性があるということですが、それ以上にもっと恐ろしい病気の可能性も指摘できます。

前立腺がんです。

 

がんは日本人の死亡原因のトップに入るほど、馴染み深い病気です。

つまり、PSA検査は前立腺肥大だけでなく前立腺がんの早期発見にも役立つ検査になるということです。

早期発見ができれば、早期治療で最悪の結果を避けることもできます。

もし、PSA検査をしてPSA測定値が高い事がわかったら、早めに信頼できる泌尿器科医を受診するようにしましょう。

前立腺肥大は50歳を超えると40%の割合の人が発症しているといわれていますので、「自分は大丈夫」なんてことは言えないのです。

そのまま放置する事で事態を悪化させてしまい、前立腺がんになってしまう可能性もあるのですから・・・。

 

生殖機能、つまりセックスにも影響するのでしょうか?

03前立腺は、前立腺液を尿道に分泌するのが大きな役割です。

前立腺液は精子を運ぶと同時に、精子に栄養を与えたり、膣の中で精子の活動が衰えないように保護する働きもあるのです。

つまり、前立腺は生殖機能に大きく関わった器官なのです。

 

若いうちは子孫繁栄のために生殖機能は欠かせませんが、加齢とともに、あまり生殖機能が必要なくなると、本来の機能が失われ、徐々に大きくなって前立腺肥大になってしまうのです。

また、前立腺はペニスの勃起機能の調整を行う役割もあることから、前立腺肥大になると勃起不全を引き起こすこともあると言われます。

実際、勃起不全のための治療薬が、前立腺肥大にも効果があることから、勃起不全の薬を前立腺肥大の治療にも応用する動きがあるようです。

 

また50歳を過ぎたあたりから尿の切れが悪くなり、トイレの時間が長くなり、ともにセックスの際に中折れしてしまったり、勃起が弱くなってしまった、というケースも多いようですが、前立腺肥大と勃起不全の関係は医学的にはまだ完全には証明されていません。

ただ、勃起不全により射精する回数が減ることが、前立腺肥大の原因の一つとなる可能性は非常に高いとも言われています。

前立腺肥大になってしまったら、必ず勃起不全になる、というわけではありませんが、年とともに勃起不全気味になったのなら、少しばかり前立腺肥大も疑ってみるべきかもしれません。

 

ノコギリヤシはアメリカの先住民が精力剤としても用いていたので、前立腺肥大を防ぐとともに、精力回復も期待できるかもしれませんね。

 

前立腺肥大における生殖機能の衰え

 

前立腺肥大は生殖機能にも大きな影響を与える病気です。

世の男性の多くが悩まされているといって過言ではない、まさに男性特有の病気

この前立腺肥大は、老化現象の一つとも言われているだけあって、50歳を超えたぐらいから発症する人がほとんど

基本的に前立腺は加齢によって肥大もしくは萎縮していその機能を衰えさせていきます

生殖機能が衰えていくのもそのためです。

 

ただ、最近では萎縮するよりも肥大してしまう傾向にあるようです。

さらに、これまでは中年の病気とされていたのが、20代や30代といった若い男性にもみられるようになってきています。

そうした傾向になってきてしまっているのは、食生活の変化が関係してきているのでは…といわれています。

 

確かに、日本は世界と親しくなるにつれて、諸外国の文化を柔軟に受け入れてきています。

食生活の面でいえば、和食だけでなく洋食やアジア食など…さまざまな食の文化が手軽に味わえるようになってきています。

また、現代はストレス社会とも呼ばれているだけに、さまざまな面でストレスを強く感じることが多くなっています。

そうしたことが前立腺肥大を進行させ、早い段階で生殖機能に異変を生じさせてしまっているのかもしれません。

 

水分摂取での注意すべきポイント!

04前立腺肥大の症状の一つに頻尿がありますが、夜中に何度もトイレに起きたりすると、夜熟睡できなくなってしまいます。

また、昼間でもトイレの回数が多いと、仕事にも支障をきたしてしまいます。

夜間の頻尿を抑えるには、やはり就寝前の水分摂取を控えることです。

水分以外にも、お茶やコーヒーも利尿作用があるので控えるようにします。

 

ただ、前立腺肥大だからと言って、水分摂取を控えすぎるのも良くありません。

夜間の頻尿を抑えようと、水分摂取を抑えると脱水状態になってしまい、腎機能の障害を起こす恐れもあります。

前立腺肥大の手術の後も、できるだけ安静にして水分を多めに摂り、こまめに排尿することが大事となります。

やはりある程度の水分摂取は必要で、目安として、1日約1.5リットルの水分を取るように心がけることです。

少しばかり意識して、1日の水分摂取の量を測ってみると良いでしょう。

 

頻尿になるとトイレに行くのが面倒で、つい我慢してしまいがちですが、排尿を我慢していると、さらに排尿困難になってしまうので、尿意を感じたときはすぐに排尿するようにします。

頻尿となるのは、1回の排尿の量が少ないために起こるので、排尿の際、できるだけ尿を多く出し切るように努力してみることです。

 

また、お酒を飲みすぎると、尿がきちんと排出されない尿閉という症状を引き起こす恐れもあります。

お酒の飲み過ぎは前立腺肥大だけではなく、いろいろな病気の元にもなるので、できるだけ酒は控えることです。

お酒を控え、ノコギリヤシを摂取するように心がけることが、前立腺肥大の予防にもなるのですね。

 

前立腺肥大において、極度の水分摂取量制限はNG

 

前立腺肥大になると、その症状からも水分摂取についてかなり気をつかうこととなります。

なにせ、「尿の勢いがよくない」「尿が途中で途切れる」「残尿感がある」「おなかに力を入れないと尿がでにくい」「トレイの回数が多い」「睡眠時に何度もトイレにいく」「尿意を感じると我慢できない」「尿意があるのに出ない」など…そうした症状かも、水分摂取はどれくらいがいいのかと気にしてしまうのです。

 

こうした尿の出方が悪いと、自己流で水分摂取をコントロールしてしまう人が多く、ほとんどの人が水分摂取量を減らしてしまうといったことをやります。

でも、水分を摂らないでいると尿の量も増えず…結果として尿の出方が悪くなります

心配になってトイレにいっても少量しかでないのですから、逆に残尿感ばかりを感じるようになっても不思議ではありません。

 

尿の量が少ないと、老廃物をうまく排出する事ができなくなりますので、腎臓や膀胱に大きく負担をかける事になります。

つまり、過激な水分摂取量の制限は前立腺肥大にとっては逆効果にしかならないのです。

最悪、脱水症状をおこしてしまうこともありえます。

特に高齢者の方は注意が必要となります。

水分の摂りすぎも良くないですが、制限しすぎるのも問題。

必要量を適切に、冷たい水などではなく常温や温かいお茶などで摂取するように心がけるのが前立腺肥大には良いのです。

 

手術後は、再発することもあるのでしょうか?

05前立腺肥大でも、薬物などによる治療での効果がない場合、経尿道的前立腺切除術(TUR-P )やレーザー手術などによる手術治療が行われます。
ただ、手術後もTUR-P手術の場合、切除した前立腺の一部が残っていることから、そこから前立腺肥大が再発することがあるようです。

また、炎症などで膀胱頚部に狭窄が生じ、ここから再発することもあるようです。

レーザー手術や前立腺高温度治療の場合も、手術後、再発の可能性はあるので、長期的に経過観察が必要となるみたいです。

 

TUR-P手術の場合、90%以上の人が、症状が改善されるようですが、再発率は5から10%とされています。
また、TURーP手術を受けた場合、前立腺肥大が再発して尿道を圧迫するのではなく、膀胱と前立腺の境目あたりの膀胱頚部が硬くなり、狭くなってしまう膀胱頚部硬化症や、尿道が狭くなっている尿道狭窄症により、排尿困難の症状が再発することがあるようです。

この場合、内視鏡的な手術が必要になることがあるので、前立腺肥大の治療のための手術を受けた医療機関で尿道膀胱鏡により尿道内を観察してもらうのが良いでしょう。

こうした合併症は、他の手術でも生じる可能性があるので、やはり前立腺肥大の治療のための手術後は、膀胱尿道鏡での尿道の観察をしてもらうことです。

 

前立腺肥大の手術後は、再発を防ぐために前立腺の体積を減らす薬や、膀胱の収縮力を強くする薬を飲むのも効果的ですが、ノコギリヤシは、自然食品なのでこうした薬と併用しても全く問題ありません。

 

前立腺肥大の手術による副作用・合併症・再発

 

前立腺肥大の手術方法の一つとして知られている経尿道的前立腺切除術(TUR-P)

これは、ループ状の電気メスを内視鏡に装着し、それを尿道内に挿入

患部をテレビモニターで見ながら、肥大した前立腺組織(腺腫)を尿道粘膜とともに切り取っていく手術方法です。

前立腺肥大を治す上では、ごく一般的な手術といえます。

手術にかかる時間は前立腺肥大の進行具合…つまりは、前立腺の大きさによって異なるものとなりますが、大体2時間ほどで終了するものとなっています。

 

手術が終わった後は、尿道カテーテルといった尿道用の細い管を入れて過ごし、感染予防からも精管結紮をおこなうこともあります。

患者さんによって異なりますが、尿道カテーテルが外されるのは3日以降で、経過をみながら退院することとなります。

 

前立腺肥大の手術をしたからといって、油断は禁物です。

場合によっては副作用や合併症、そして再発する事もあるのです。

副作用や合併症としては、血尿・発熱・疼痛・逆行性射精・尿道狭窄・膀胱頚部硬化症・尿閉・勃起障害など…さまざま。

完全に治癒するには1ヶ月はかかりますので、日常生活でも悪化しないように気をつけなくてはいけません。

また、再発に関しては、排尿障害の改善だけを目的とした不完全切除であった場合は、数年後から10年後ぐらいに再発する可能性があります。

 

薄毛の人は前立腺肥大になりやすいのですか?

06薄毛の人は、前立腺肥大になりやすいと言われます。

これは、やはり男性ホルモンが関係しているようです。

 

加齢とともに男性ホルモンの一つ、テストステロンが減少し、これを補おうと5αリダクターゼが働きかけ、テストステロンを、より強力なジヒドロテストステロンに変換しようとします。

このジヒドロテストステロンが前立腺に作用することで、前立腺肥大になるというわけです。

 

また、ジヒドロテストステロンが頭部に作用すると、薄毛にもなるといわれています。

加齢に伴いテストステロンが減少しなくても、5αリダクターゼ酵素の働きが強かったり、男性ホルモンの分泌が活発な場合、薄毛と同時に前立腺肥大にもなりやすいと言われます。

薄毛に対する治療薬は、前立腺肥大にも効果があると言われますが、こうした関係からかもしれませんね。

 

ただ、すべての男性がそうではなく、男性ホルモンの分泌が多くても薄毛にならない人もいます。

要は薄毛の場合、ストレスや日常生活の乱れも要因となり、これは前立腺肥大の場合でも同じなのです。

 

薄毛が気になり始めたら、少しばかり日常生活の見直しを行ってみることも大事で、これが、前立腺肥大の予防にもつながります。

これと並行して、ノコギリヤシを摂取するのも良いでしょう。

 

ノコギリヤシは昔からアメリカの先住民も強壮剤として使っていたそうで、確かに、アメリカの先住民には髪の毛の薄い人はいないようです。

 

ノコギリヤシは、5α-リダクターゼの働きを抑制する働きがあり、薄毛の原因となる男性ホルモンの生成を抑えるので、ノコギリヤシも積極的に摂取することですね。

 

前立腺肥大の治療は薄毛治療にもなる?

 

AGAといった薄毛の症状に悩む際に、その服用薬として飲まれているフィナステリド

これは、薄毛に悩む人とっては知られている薬で、これなくして治療はできないとまで言われています。

このフィナステリドは、もともとは前立腺肥大の治療薬として使われていました。

服用していた患者さんから、「頭髪がふさふさになった」といった話が聞かれるようになり、前立腺肥大だけでなく薄毛にも効果があるのでは…として研究がスタート。

今では前立腺肥大だけでなく薄毛治療にも活用されているのです。

 

このフィナステリドは、効果は高いのですが副作用が懸念されています。

化学的に作られたものですから、副作用がまったくない…なんてことはありえませんから、さして驚くことではありませんが、それが勃起不全といった男性の大切な機能に関する事だとしたらちょっと嫌ですね。

性機能の低下や精液減少といった事も報告されています。

 

ちなみに、ノコギリヤシではそうした副作用はいわれていません

ノコギリヤシも5α-還元酵素を抑制する作用がとても優れていて、しかもタンパク受容体とジヒドロテストステロンが結合するのも防ぐ力があるといわれています。

5α-還元酵素の発生を抑えて、結合しないようにする…その優れた力はヨーロッパでは医薬品として認定されるものとなっているのです。

 

足のむくみは、ひょっとすると前立腺肥大の兆候?

07前立腺肥大の症状と言えば、排尿障害や夜間頻尿などが良く知られていますが、これ以外にも意外な症状が現れたりするものです。

 

例えば、足のむくみがあります。

前立腺肥大が悪化すると、排尿障害から体内の水分代謝に支障をきたし、また血圧が上昇したりすることで、体がむくんだり、足のむくみとなって現れるのです。

また、足の血の巡りは静脈を経て心臓にもどりますが、一割程度の血液はリンパ管を経て心臓にもどります。

 

ところが、前立腺肥大で血圧が上昇すると、静脈の中の弁の働きが悪くなり、血液が足先の方に逆流して、足の血管が膨らんでしまい、さらにリンパ液の流れも悪くなり、これがまた足のむくみとなって現れます。

 

排尿障害、頻尿、残尿感などの症状に加え、足のむくみ、足がだるい、などの症状が現れた場合、前立腺肥大の可能性が高いので泌尿器科で診察を受けたほうが良いでしょう。

 

歩いていて足がすぐだるくなる、足のむくみが見られる場合も、前立腺肥大の可能性があると考えたほうが良いかもしれません。

もともと、足は心臓から遠いことからむくみが起こりやすいものです。

 

特に、一日中立ち仕事だったり、デスクワークで長時間座ったまま、という場合にも足のむくみは起こりやすく、逆にこれが前立腺肥大を悪化させてしまうことにもなります。

 

長時間同じ姿勢で座るのを避け、こまめにマッサージする、適度な運動を心がけるなど、足のむくみを解消させることも、前立腺肥大を予防するのに大切なことです。

体をリラックスさせ、ノコギリヤシを摂取するのも良いことでしょう。

 

その足のむくみは前立腺肥大?それとも前立腺がん?

 

一般的には、50歳ぐらいから前立腺が肥大して尿道を圧迫し、排尿障害などを起こすようになると言われている前立腺肥大。

前立腺肥大によって、膀胱も過活動膀胱となって頻尿となります。

真っ先に排尿障害が疑われるのですが、それ以外にも足のむくみといった意外な症状も。

こうした前立腺肥大の改善に漢方を用いることもあります。

利尿効果だけでなく足のむくみなどもとって、前立腺が肥大しないようにしていくのです。

現代医学と併用する事で、よりスムーズな効果を得られるといったことも報告されています。

 

ただ、こうした排尿障害や足のむくみなどといった症状は、なにも前立腺肥大によるものとはいいきれません。

もしかしたら、前立腺炎や前立腺ガンといった病気の可能性もあるのです。

ですから、前立腺肥大とは決め付けずに、まずは医師の診察を受けてよく調べてもらうようにします。

 

ちなみに、前立腺がんは年齢と共に発症しやすくなっています。

がんが内臓にまで達すると足のむくみもひどくなり、腰椎に転移してしまうとひどい腰痛が生じることとなります。

もし転移して腰椎骨折となると、下半身麻痺といったことも…。

50歳を過ぎると前立腺肥大の発症が高くなるわけですが、他にもそれに関係した怖い病気も発症しやすくなっています。

「まだまだ大丈夫」なんて油断している人ほど危ないですから、最低でも健康診断は受けるようにしましょう。

 

予防や悪化を防ぐための、注意すべき禁忌とは?

08前立腺肥大は、肥大した前立腺が尿道を圧迫し、排尿困難や頻尿となる疾患です。

このため前立腺肥大を含め、尿路に閉塞性疾患がある場合、禁忌とされている薬があります。

 

特に抗コリン薬は、膀胱からの尿の排出力を弱めたり、尿道を収縮させて尿の出を悪くする作用があることから、抗コリン作用を持ち、排尿障害を来たすおそれのある薬は禁忌とされます。

大抵の風邪薬は抗コリン作用があり、これ以外、胃腸薬にも同じ作用を持つものがあります。

 

前立腺肥大の場合、年齢や症状、治療状況により禁忌とされる薬の対処も異なってくるので、薬を服用する際は医師とよく相談したほうが良いでしょう。

 

風邪薬としてとしてよく処方されるものに、PL顆粒がありますが、PL顆粒には抗コリン薬は含まれていませんが、抗ヒスタミン薬であるメチレンジサリチル酸プロメタジンが含まれ、抗コリン作用も併せ持っています。
このため、PL顆粒も、抗コリン薬と同じく前立腺肥大に対して禁忌とされます。

 

また、うつ病の人に処方される抗うつ薬でも、比較的新しい抗うつ薬は抗コリン薬が多いものです。

このため抗うつ薬は、前立腺肥大の人に対してはすべて禁忌と考えてよいでしょう。

 

他にも、パーキンソン病の薬や、抗不整脈薬、抗低血圧治療薬にも禁忌薬があります。

一般向けに薬局などで販売されている風邪薬や花粉症の薬などでも、前立腺肥大の人、緑内障の人は服用できませんとパッケージに明記されているものが結構あるものです。

自分で薬を購入して服用する場合も、注意したほうが良いでしょう。

 

ノコギリヤシなら、自然食品なので安心して摂取できるのです。

 

前立腺肥大の禁忌!PL顆粒とは?

 

前立腺肥大において禁忌となっている「PL顆粒」。これは医療用の総合感冒薬としても有名な医薬品。

病院を受診した際に処方されることも珍しくない薬ですが、前立腺肥大症においては禁忌となっています。

ちなみに、緑内障といった症状を患っている人にも禁忌

なぜ、前立腺肥大において禁忌となっているのか…その理由は、PL顆粒に含まれている成分に関係しています。

 

PL顆粒には、サリチルアミド(解熱鎮痛作用を持つ非ステロイド系抗炎症薬の一)・アセトアミノフェン(解熱鎮痛作用)・メチレンジサリチル酸プロメタジン(抗ヒスタミン薬)・無水カフェイン(ここでは鎮痛といった目的の為)といった成分が含まれています。

前立腺肥大では、副交感神経の働きを押さえる抗コリン薬が禁忌となっています。

PL顆粒には抗コリン薬は含まれていませんが、メチレンジサリチル酸プロメタジンには抗コリン作用も併せ持っているものとなります。

そうしたことからも、PL顆粒は前立腺肥大では禁忌となっているのです。

 

実は、他にも抗コリン作用をもつ医薬品はあります。

向精神薬・制吐薬・気管支拡張薬・抗不整脈薬・ステロイド・降圧薬・筋弛緩薬・潰瘍治療薬…と、そのレベルは違えども抗コリン作用を持ち合わせているのです。

つまり、これらも前立腺肥大においては禁忌となりえるということなのです。

 

予防のために、知っておいたほうが良いこととは?

09前立腺肥大は、まだ原因ははっきりしていませんが、主な症状として排尿困難があります。

そこで、予防のためには、排尿困難となる要因を取り除くことが大事です。

 

尿意を感じても排尿を我慢していると、膀胱が過伸展になり、収縮を悪化させるため、尿意を感じたらできるだけ我慢せず、すぐに尿を出すようにします。

アルコールは前立腺を腫らして尿閉を引き起こすことがあり、また、坑コリン薬を含むかぜ薬も尿閉を引き起こすことから、お酒や風邪薬もできるだけ控えることが、前立腺肥大の予防につながります。

 

前立腺肥大は、欧米の人に多い傾向があるため、原因として、加齢によるもの以外、脂肪分やたんぱく質の摂りすぎも原因と言われています。

特に、辛い刺激の強い食事を摂りすぎると前立腺が充血し、排尿に悪影響を及ぼすことがあるため、できるだけ刺激物(辛い食事)を控えることも前立腺肥大の予防となります。

 

前立腺肥大になると夜中に何度もトイレに行くことが多くなるため、水分を控えたほうが良いのではと思いがちですが、あまり水分の摂取量が少なすぎると、脱水による腎臓機能の低下につながります。

このため、適度な水分の補給も大切ですが、やはり就寝前には水を飲みすぎないようにすることです。

 

また、体が冷えると頻尿になりやすいので、下半身を冷やさないようにします。

 

この他、同じ姿勢で長時間座り続けると、前立腺を圧迫し、全身の血行が悪くなるので同じ姿勢で長時間座るのを避ける、適度な運動を心がける。

こうしたことが大事ですし、並行してノコギリヤシを摂取することも、予防につながるでしょう。

 

前立腺肥大予防に必要なことは?

 

前立腺肥大は、50歳を過ぎた男性に発症しやすい病気で、その発症確立は5人に2人ともいわれているほどです。

もし、夜中に2回以上の尿意で起きるようになったら…発症している可能性が大となります。

「もしかして…」と感じたら、国際前立腺症状スコアで自分の今の状況がどれだけ当てはまるのかどうかを調べてみるといいでしょう。

できれば40歳を過ぎたら意識するようにするといいですね。

 

前立腺肥大を予防するには、まずは前立腺肥大についての知識を持つことが大切

そして、日常生活において原因となるようなことを作らないようにします。

特に食生活は前立腺肥大を予防する上では大事な習慣となります。

欧米食を中心とした食事ではなく、和食を取り入れるようにしましょう。

 

前立腺肥大と混同しやすいのが、前立腺がんです。

前立腺肥大から前立腺がんを発症することはありませんが、同時進行で発症してしまうことはあります。

前立腺肥大とは違い、前立腺がんは早期発見しにくいので、日頃からの予防が大事なものとなります。

前立腺がんは年々、その発生率と死亡率が上昇しています。

直腸診、超音波検査、血液検査(PSA測定)などを定期的におこない、早期発見に努めるようにしましょう。

 

前立腺肥大と風邪薬との関係性について知っておきたいこと

10前立腺肥大の症状がある場合、食生活の改善とともに、薬を服用する際には十分に注意する必要があります。

冬場に風邪気味のとき、風邪薬を飲むと、風邪薬の成分が膀胱や尿道の働きを抑えてしまうことから、尿が出にくくなることがあり、前立腺肥大症だと全く尿が出なくなってしまうこともあるようです。

膀胱を収縮させる自律神経は、骨盤神経という副交感神経であり、この副交感神経の働きで、交感神経がおさえられることで尿が出ます。

ところが、風邪薬の成分は、副交感神経を遮断させるものが中心で、これにより、鼻みず、鼻づまり、喉の痛みなどを抑えます。

つまり、風邪薬の、副交感神経を抑制する作用により、膀胱収縮が抑えられ、尿が出にくくなってしまうのです。

前立腺肥大は、肥大した前立腺が尿道を圧迫することから、もともと尿の出が悪いのですが、これが、さらに尿の出を悪くさせることになります。

 

こうしたことから、前立腺肥大の症状があり、風邪気味だという場合、薬を服用する際には、副交感神経を抑制する作用がある成分を含まない薬を服用したほうが良いことになりますが、市販の薬の場合、なかなか分かりにくいものです。

このため、前立腺肥大の症状があり、風邪薬を服用したい場合は、かかりつけの医師と相談して薬を処方してもらったほうが良いでしょう。

 

ノコギリヤシは薬ではなく自然成分からなる食品ですので、風邪薬と併用しても問題なく、風邪気味の時も安心して摂取することができます。

ノコギリヤシの飲み合わせによる服作用については、今のところ報告されていないようです。

 

前立腺肥大にNGな風邪薬とは?

 

前立腺肥大の方が風邪をひいた場合…そこで服用する風邪薬は十分に注意して選ばなくてはいけません。

一番良いのはかかりつけのお医者様に処方してもらうことですが、どうしても来院できない、もしくは病院自体がお休みの時もあります。

そんな時は、自分で薬局手選んで購入するしかありません。

薬局には薬剤師さんや資格をもっている販売員さんもいますが、やはりある程度の知識は自分も持っていたほうが安心して選べるでしょう。

 

風邪薬にあるベラドンナアルカロイドやヨウ化イソプロパミドといった成分は、副交感神経を抑えてしまう作用があります

膀胱収縮が抑えられて排尿は抑制されてしまうので、これらの成分が含まれない風邪薬にしましょう

この条件で言うならば、葛根湯や麻黄湯といった薬が比較的安全かもしれません。

また、エフェドリン作用がある塩酸フェニルプロパノールアミンは、尿道括約筋を収縮したり膀胱収縮筋を抑制してしまうのですが、尿道括約筋に有効なアルファブロッカーを使用していたとすると、排尿障害は軽減するといわれています。

 

前立腺肥大は50歳を過ぎた男性に、風邪は年齢を問わず発症しやすいものだけに、両者が重なったときの医薬品の取り扱い方には気をつけなくてはいけません

風邪薬の服用で前立腺肥大がひどくなってしまったのでは本末転倒ですから、しっかりと選んで服用するようにしましょう。

 

前立腺肥大には、1日1.5リットルの水分補給を!

01前立腺肥大は放置しておくと深刻な事態を招くことになります。

こまめに検診を受けるとともに、前立腺肥大と診断されても、初期の状態なら日常生活に気を付けることで、悪化を防ぐことができます。

初期の前立腺肥大なら、水分を多めに摂るように心がけることで、排尿を促進し、尿がスムースに出るようになります。

 

トイレの回数が多くなると、「水分を控えたほうが良いのでは?」と思うかも知れませんが、水分が不足すると前立腺肥大をかえって悪化させてしまうことになります。

また、水分が不足すると脱水状態を引き起こし、腎機能障害になる恐れもあります。

1日に約1.5リットルの水分は必要とされます。

1度どれくらい飲んでいるのか意識してみて、逆に摂りすぎにも注意しましょう。

夕方以降に水分を多く摂ると、就寝後に尿意を催すことになるので、逆に夜間は量を減らしたほうが良いでしょう。

日中、水やお茶を多めに摂り、また、利尿作用のある紅茶を飲むのも良いことです。

逆に、アルコールは控えるようにしましょう。

 

血行不良も前立腺肥大に大きく影響すると言われますので、特に下半身を冷やさないように注意することです。

下半身を冷やさないようにすれば、夜間の頻尿も改善させることができます。

頻尿になると、ついトイレを我慢しがちになりますが、我慢していると排尿困難になる可能性もあるので、尿意を感じたら、できるだけ早くトイレに行くようにします。

 

また、しっかり尿を出し切るように心がけましょう

1回の排尿が少なければ、頻尿になってしまいます。

適度な水分補給と、ノコギリヤシの摂取を習慣づけることが大切です。

 

水分量で変わる!?前立腺肥大と腎臓障害

 

前立腺肥大になると、トイレの回数が増えることからも水分摂取をついつい制限してしまうことも…これは、逆に腎臓に障害を起こしてしまう可能性を生み出すものとなります。

確かに、水分の摂りすぎは前立腺肥大にはよくありませんが、少なすぎるのも問題なのです。

 

腎臓は、血液によって運ばれてきた老廃物を濾過して尿を作り、それによって体外に排出しています。

他にも、体内に回ってきた必要な物質を吸収したり、体内の水分量と電解質量のバランスを保つといった大事な役割も持っています。

それが、腎臓や尿路になにかトラブルが発生してしまうと、頻尿になったり逆に尿量が減少、水分がたまってむくみが見られるようになったりと…体への悪影響も大きなものとなるのです。

初期症状としてはあまり気が付きにくいのですが、尿検査をすることで血尿や蛋白尿がみられるなどの異変は現れるものとなっています。

腎臓への障害は、尿の色に注目するとわかりやすいもの。

薄いピンクや赤、茶褐色の血尿、泡がたっていてなかなか消えない…なんて時は、なんらかのトラブルが起きている可能性が大です。

 

前立腺肥大だけでなく、腎臓にもトラブルが起こるなんてことになったら大変です。

なかなかその水分量を調整するのが難しいですが、それも慣れてしまうまでです。

病を増やさないためにも、水分量には十分に気をつけるようにしましょう。

 

前立腺肥大は再発するの?

02前立腺肥大は軽度なら治療の必要はありませんが、症状が深刻なら薬物治療などが行われ、それでも改善されない場合、手術による治療も行われます。

手術による治療は、経尿道的前立腺切除術(電気メス治療)やレーザー手術が一般的ですが、切除された前立腺の一部が残ったり、炎症などで膀胱頚部に狭窄が生じることで、そこから再発することがあるようです。

上記以外にも、長期的に見て、再発する可能性もあります。

手術を行っても、前立腺を全部切除するわけではないことから、前立腺肥大が再発する可能性があり、また前立腺癌が発生する可能性もあるようです。

再発率は5~10%だと言われています。。

 

また、アルファブロッカーを使った薬による治療の場合、尿道を広げるため、前立腺肥大はそのままの状態なので、薬による治療で症状が悪化した場合、前立腺が大きくなってしまうという可能性もあります。

 

稀に、すぐにまた前立腺肥大になってしまう、というケースもあるようですが、前立腺肥大の手術を受けた後も、頻尿、排尿困難などの前立腺肥大の症状が現れたのなら、すぐに泌尿器科で診てもらったほうが良いでしょう。
再発した場合、同じ治療を再度行うか、別の治療にするかは、医師とよく相談して決めることになります。

 

治療しても安心というわけではないので、こまめに検診を受けると同時に、再発を防ぐには、治療をきっかっけに日常生活の見直しを行い、同時にノコギリヤシサプリメントなどを毎日摂取することをお勧めします。

ストレスをためるのも良くないので、あまり過度に心配せず、周りの人とのコミュニケーションをとり、色々なアドバイスも得ることです。

 

前立腺肥大が再発してしまう理由

 

前立腺肥前の治療法はさまざま。ですから、かかりつけの医師とよく相談して決めなければいけません。

治療をしても再発をしてしまうこともあるので、しっかりと確認することが必須となります。

 

前立腺肥前の症状を改善する為に内服薬などを服用している人もいると思いますが、それでもなかなか症状が改善されないこともあります。

その場合、医師から手術を勧められることもあります。

手術は、前立腺肥前の改善に手術は最も効果的ではあるものの、必ず再発しないとはいえません。

ちなみに、その多くの手術方法が、経尿道的前立腺切除術(TUR-P)や レーザー手術となります。

特に経尿道的前立腺切除術は効果も高く、受けた人の90%は症状が改善するといわれています。

しかも、その再発率は5%から10%といわれています。

では、その残り数%の人はどうして再発させてしまうのでしょうか?

 

それは、経尿道的前立腺切除術によって切除した前立腺の一部が原因となることがほとんど

残った一部の前立腺から再発してしまうのです。

また、これだけでなく炎症をおこして膀胱頚部に狭窄を発生させてしまうこともあり、これが再発を招く事にもなるのです。

手術は効果的ではあるものの、長期的な経過観察が必要である事には変わりないのです。

 

前立腺肥大が腰の痛みに影響しているの?

03前立腺肥大は、排尿困難や頻尿などの症状が出ますが、これ以外に腰の痛みを感じる人も結構多いようです。

前立腺肥大と同じような症状が現れるものに、前立腺がんがあります。

前立腺がんは、前立腺の外側の組織にがんが発生するので、排尿困難、頻尿などの前立腺肥大と同じような症状が出るとともに、血尿、腰の痛みなども生じます。

このため、排尿困難、頻尿などの症状とともに、腰の痛みを感じる場合、前立腺がんの可能性もあるので、医療機関で詳しく診てもらったほうが良いでしょう。

ですが前立腺がんは、直腸診、経直腸エコー、前立腺特異抗原や、前立腺の組織を採取し、細胞を見る検査などで発見できます。

 

また、前立腺肥大の原因はまだはっきりしませんが、血流障害も原因になると言われます。

腰回りの部分は血管支配を受けていることから、肥満などにより血流障害をきたすと、腰の痛みを感じると同時に、前立腺肥大になりやすくなるというわけです。

これ以外にも、腰の周りの筋肉が硬くなると、脊椎から前立腺までの自律神経が、硬くなった筋肉に圧迫されてうまく機能しない状態になり、前立腺の筋肉も硬くなってしまいます。

これも前立腺肥大につながると言われます。

 

頻尿、排尿困難などの症状がなくても、腰の痛みが続く場合、いずれは前立腺肥大になる可能性も高いので、少しばかり注意したほうが良いかもしれません。

腰痛はストレスも大きく関わるので、腰の痛みを感じ始めたら、ストレスを解消させるとともに、こまめにストレッチなどを行うとよいでしょう。

ストレスを解消し、ノコギリヤシを摂取することにより、前立腺肥大の予防にもつながることでしょう。

 

前立腺肥大はカテゴリーによって違う

 

前立腺肥大は、腰の痛み以外にもさまざまな症状を発生させていきます。

前立腺肥大の進行具合によって、腰の痛みなどの症状もはっきりとわかるようになると、症状も見られるようになります。

これらの状態から、前立腺肥大は4つのカテゴリーに分類するものとなっています。

 

カテゴリー2以上となると、慢性前立腺炎となります。

これになると、腰の痛みはもちろん、下腹部の違和感、足の付け根と下腹部の境目の違和感、頻尿や尿道の違和感などがはっきりと自覚できるようになります。

病院にいって診察による触診の際、硬結や圧迫による痛みなどを医師も見て取ります。

これらの改善には、前立腺マッサージが効くようです。

カテゴリー2に属する人には抗生剤を処方したり、カテゴリー3に属する人はむくみを摂るセルニルトンを処方したりします。

どちらも、生活習慣の改善でかなり楽になるものとなっています。

 

また、触診において異常がみられないのがカテゴリー4です。

精神的なものも大きく関係しているようです。

そして、カテゴリー1は急性細菌性前立腺炎であり、高熱や排尿障害、排尿時の痛みや、検査において膿尿が見られることもあるのです。

このカテゴリー1の場合、改善されたと思った後に、カテゴリー2に移行してしまうこともあるので要注意となります。

 

前立腺肥大は自然治癒できる?

04前立腺肥大は加齢とともに増加し、80歳の人だと9割もの人がなるとも言われています。

年とともに避けられないものともいえるかも知れませんが、すべての人が、治療が必要というわけではなく、治療が必要となるのは全体の四分の一程度とも言われています。

前立腺肥大症は、排尿症状(排尿困難をはじめとする、尿を出すことに関連した症状)や蓄尿症状(尿を貯めることに関連した症状)、排尿後症状(排尿した後に出現する症状)がみられますが、検査で前立腺肥大と診断されても、軽度なら特に治療は行われず、様子を見ることになります。

軽度なら、食生活の改善などを行うことで、自然治癒も可能となるでしょう。

 

前立腺肥大は肥満や高血圧、高血糖、脂質異常症、メタボリック症候群などとの関係も指摘されているので、こうした疾患があるのなら、まずはこれらの疾患の根本的治療を行うことが、前立腺肥大でも自然治癒につながるかもしれません

前立腺肥大の発症を抑制するには、野菜、穀物、大豆などに多く含まれるイソフラボノイドが有効とも言われるので、意識してこれらのものを多く摂るようにすると同時に、肉類、脂分の多いものを摂りすぎないようにすることです。

 

過度の喫煙や飲酒、性生活など、原因は明らかではありませんが、自分で気づく点があるのであれば注意したほうがよさそうです。

こうした日常生活の改善により、自然治癒とまではいかなくても、悪化を防ぐことはできるでしょう。

 

最近は、前立腺肥大を自然治癒させる、ということを謳い文句にした、健康マットや健康椅子なども販売されています。

こうした健康グッズは、必ずしも自然治癒を保証するものではありませんが、少なくとも悪化を防ぐためには、使ってみる価値はあるかもしれません

こうしたものと並行して、ノコギリヤシの摂取をつづけることをオススメします。

 

前立腺肥大は、自然治療だけにまかせてはいけない

 

前立腺肥大において、自然治療といった方法がとられるのは、あくまでも初期の最初の頃だけです。

残念な事に、前立腺肥大は加齢によってその症状が進行していきますので、初期の頃は生活習慣の改善といった自然治療だけですむかもしれませんが、症状が進行してしまったら、それにあった適切な治療が必要となるのです。

いつまでも自然治療に任せていたら、どんどん悪化させることになりますので、常に自分の体はしっかりと見ておくようにしましょう。

 

前立腺肥大が進行してきたら、内服薬や手術といった方法がとられるようになります。

内服薬では抗アンドロゲン薬を使うこともあり、これを服用する事で前立腺が縮小していく可能性があるのです。

ただ、副作用としてインポテンツになる可能性があると言われています。

 

特に男性に多いのですが、前立腺肥大と診断されるとショックを受ける人が多くいます。

でも、前立腺肥大は加齢によって多くの人が発症させる病気ですので、そんなに落ち込まないでほしいもの。

確かに病気は嫌ですが、年をとればそれなりの体にガタが出てきます。

病気と向き合い、うまく付き合っていかなくてはならない年齢になってきたのだなと、捉えるようにしてもらいたいものです。

 

前立腺肥大の方には簡単にできるトレーニングをしよう!

05前立腺肥大は、不規則な日常生活にも大きく関わってくるものです。

食生活の改善とともに、適度な運動やトレーニングも必要になってきます。

そのため1日30分くらい、ウォーキングなどの軽い運動を行いましょう

ウォーキング以外に、一駅くらいなら歩いたり、エスカレーターを使わず階段を上るなど、日常のちょっとした心がけもトレーニングになるものです。

また、毎朝ストレッチを行うのも良いでしょう。

適度なトレーニングを行うことで、夜ぐっすり眠ることができるようになり、夜間の頻尿を防ぐことにもなります。

 

さらに前立腺肥大は、筋トレも効果的で、特に腹筋を鍛えるトレーニングを行うと、排尿のときに腹筋を使うことで勢いよく尿を出すことができるようになります。

お尻の穴を締めたり、排尿時に尿を途中で止めるというトレーニングを続けるのも、尿失禁を防ぐことにつながります。

 

また、骨盤底筋と呼ばれる筋肉を鍛える体操も良いでしょう。

おならを我慢するような感じで、肛門の周辺の筋肉を閉め、尿道の筋肉も、同じように尿を止めるみたいな感じで閉めます。
そのまま5~10秒間我慢してから、ゆっくり緩めます。
これを10回繰り返すのを1セットとして、1日5セット以上行うようにします。
尿漏れが気になるなら、8セット以上行うのが良いでしょう。
1~3ヶ月くらい続けることで、かなり尿漏れを防げるようになるようです。

 

こうしたトレーニングと、ノコギリヤシの摂取を習慣づければ、前立腺肥大も徐々に改善の兆しが期待されることでしょう。

 

毎日の生活習慣に気をつけることが、前立腺肥大のトレーニングになる

 

前立腺肥大では運動だけでなく、毎日の生活そのものがトレーニングと意識して改善していくようにしなければいけません。

つまり、規則正しい生活が前立腺肥大のトレーニングとなるのです。

 

食事は1日3食、バランスの取れたメニューを摂るようにします。

特に朝食は大事ですから、仕事で忙しいといっても、トレーニングの一環としてきちんと食べるようにしましょう。

朝食は一日の活動エネルギーを作り出すだけでなく、体を目覚めさせて排尿リズムも整えてくれます。

この排尿リズムがないだけでなく便秘といった事になるとさらに最悪です。

前立腺肥大において、便秘は間接的に影響を与えるものとなるのです。

腸内にたまった便が尿道を圧迫することで、排尿障害を悪化させるのですから。

しかも、便秘の人は排便において強くいきむので、これも前立腺を圧迫して症状を悪くしていきます。

他にも、前立腺肥大だけでなく、体の健康に悪影響を与えていきますので、便秘は早めに改善していきたいものです。

 

そして、十分な睡眠も大事。

睡眠時間が不足してしまうと、体に備わっている抵抗力がガクンと弱まってしまいます。

そうなると、感染症などの病気にもかかりやすくなります。

睡眠不足は、前立腺肥大の改善を妨げますので、十分に休める時間を確保するようにしましょう。

 

前立腺肥大に気をつけるべき食事とは?

06前立腺肥大の原因はまだはっきりわかっていませんが、近年急速に増えているのは、食生活の欧米化によるものとも言われています。

つまり、肉類を多く摂ることで、ホルモンバランスを乱し、前立腺肥大につながる可能性も・・・。

食事を見直すことも防止になるでしょう。

 

前立腺肥大を防ぐには、動物性食品を摂りすぎず、魚介類や緑黄色野菜などが中心の食事が良いとされています。
やはり、和食を中心とした食事をとることで前立腺肥大症の予防につながるのです。

また、スイカやキュウリなどのウリ類は利尿作用があることから、前立腺肥大の改善に良いでしょう。

トマトに含まれるリコピンも良いとされ、とくに毎日4 品以上の野菜を食べるのが良いとされています。

 

前立腺肥大症は便秘にも影響するので、食物繊維を豊富に含む野菜やイモ類などの食べ物を多く摂り、便秘を防ぐことも大事です。

前立腺肥大に良い影響をもたらすものとしては、大根湯、玄米スープも利尿の作用があります。

 

逆に、副交感神経を刺激するのは良くないとされるので、辛い食べ物はできるだけ避けたほうが良いでしょう。

お酒、香辛料も、前立腺を充血させ尿閉を引き起こしやすくなる恐れがありますが、適度の飲酒は、かえって良い影響をもたらすようです。

また肉類も、男性ホルモンの濃度を上昇させるので、食べ過ぎないことです。

食べ物に気を付けると同時に、ノコギリヤシサプリメントを摂取することが、予防・改善につながるというわけです。

 

前立腺肥大の食事に取り入れたい食材

 

前立腺肥大において、摂取しておくとよい食べ物として注目されているのが、カボチャの種とサーモンです。

この2つの是非とも食事にプラスしたい食材といわれていますが、前立腺肥大においてどんな効果があるのでしょうか?

 

まず、カボチャの種ですが、これは良性の前立腺肥大に有効であると言われています。

カボチャの種そのものだけでなく、これから油をとったパンプキンシードオイルなんてものもよく、前立腺細胞の増殖を抑制するといわれています。

パンプキンシートオイルには、カロチロイドとオメガ脂肪酸が含まれており、食事で摂取している人は前立腺肥大になりにくい…といった研究結果も発表されているほどなのです。

 

また、サーモンは、パンプキンシードオイルと同様にオメガ脂肪酸を含む食材

研究では、魚に含まれているオメガ3脂肪酸を摂取することで、前立腺腫瘍の進行を予防できるともいわれています。

1週間に1回は食べるようにすると、進行性前立腺がんのリスクも減少するといわれているのですから、遺伝的にリスクが高い人は是非とも食事に取り入れたいものです。

ちなみに、養殖よりも天然のほうがおすすめです。

 

カボチャの種もしくはパンプキンシードオイル、そしてサーモンを、日々の食事に意識して取り入れていくようにしたいもの。

ただし、こればかりを食事に大量に組み込むのはダメです。

 

前立腺肥大は、どのように診断されるの?

07前立腺肥大は、どのように診断されるのでしょうか?

まずは、自覚症状を自分でチェックしてみることでしょう。

自覚症状による前立腺肥大の診断は、専用の問診票もありますが、自分でチェックしてみるべきポイントとしては、最近一か月間で、以下のようなところがあります。

 

・排尿後、残尿感が強いか。

・排尿後2時間以内にまたトイレに行きたくなることがあるか。

・排尿中、尿が途切れることがあるか。

・排尿を我慢するのがつらいか。

・尿の出が悪いか。

・排尿に活きこむ必要があるか。

・就寝後、頻繁にトイレに行くか。

 

これらをチェックして、あてはまるものが多かったり、強く感じるものがあるようなら、やはり泌尿器科で専門の診断を受けたほうが良いでしょう。

専門医による診断は、直腸から指を入れて直腸壁ごしに前立腺指診を行う直腸内指診、超音波検査、尿検査、尿流測定、残尿測定、前立腺超音波検査、などが行われます。

この他、前立腺癌との鑑別のため、血液中のPSAという腫瘍マーカーの測定も行われます。

さらに腎機能や尿所見に異常がないかの確認が行われたりします。

これにより、前立腺肥大だけでなく他の異常がないかも知ることができるでしょう。

 

前立腺肥大でも初期なら治療不要とされます。

ただ、最終段階の尿閉期になると膀胱炎や腎盂炎、さらに腎不全や尿毒症になる場合もあります。

早いうちから適切な処置を行うことが大切で、ノコギリヤシなら摂取もしやすいものです。

ノコギリヤシで、快適な生活を送りたいですね。

 

前立腺肥大を診断する国際前立腺症状スコア

 

前立腺肥大かもしれない…と、体の状態でそう思えるようなことがあったら、早めに病院を受診するようにしましょう。

前立腺肥大かどうかの診断は、さまざまな検査をおこなってから出されるものとなります。

ちなみに、診断は前立腺肥大について詳しい専門病院か、泌尿器科でおこなうようにしましょう。

 

前立腺肥大を診断する検査項目としては、自覚症状はどうなのか、直腸内指診、尿検査、尿流測定、残尿測定、血清PSA(前立腺特異抗原)測定、前立腺超音波検査とおこないます。

症例別におこなう検査としては、日々の排尿の状態や尿流動態検査、血清クレアチニン値の測定、上部尿路超音波検査などがおこなわれるものとなります。

 

自覚症状はどのように診断するのかというと、症状質問票といったものを使っておこないます。

これは世界共通で使われているものであり、国際前立腺症状スコアによって点数がつけられ評価されるものとなります。

スコア内には7つの症状があり、それぞれ当てはまる症状をチェックしていきます。

7点までが軽症で、19点までが中等症、35点までは重症といった診断がされます。

また、症状とは別にQOLスコアといったものもあり、これは日常生活においてどれだけ支障を感じているかを計るものとなっています。

 

話題の商品の体験談

あなたに合ったノコギリヤシは?

ノコギリヤシの体験談 ノコギリヤシの噂・・・これは本当か? 前立腺肥大について知ろう

ノコギリヤシ 厳選情報

※全ての記事の内容は、当サイトの独自の見解になります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。